AV女優モデルの募集・求人「Wish Promotion」 AV業界ブログ

AV業界ブログblog

嫌な仕事の断り方のポイントは?相手を傷つけない配慮の仕方も09月18日

嫌な仕事の断り方のポイントは?相手を傷つけない配慮の仕方も

AVには近年色々なジャンルの作品があります。

その中には自分がやりたくないジャンルの仕事もあるでしょう。

また、仕事の依頼を受けたものの、ギャラや撮影内容などの条件が気に入らないので断りたいということもあるかもしれません。

しかし、そういった仕事をむげに断ってしまうと、人間関係にヒビが入るということもあります。

そこでここでは相手に配慮して仕事を断る際のポイントについて紹介していきたいと思います。

 

受けた仕事を断るということについて

受けた仕事を断るのは気まずい、断るのが心苦しい、断りにくいと考える女性が多くいるのですが、AV業界では仕事を断るということは、それほど珍しいことではありませんので、メーカーやプロダクション側もある程度そういったことには慣れています。

むしろ困るのは、仕事依頼を受けた女優が断りにくいからとなかなか断らずに、断りが遅くなる方です。

断るのが遅くなるほど、撮影に向けての話し合いや準備は進んでいきます。

撮影場所の確保やスタッフの準備、男優の手配などが進んでいくと費用も発生していきます。

そのため、断るのが遅くなるほど、メーカーやプロダクション側には迷惑がかかることとなるのです。

特に撮影直前、撮影当日などのキャンセルの場合はかなりの費用がかかることとなります。

こうなると相手からすると「できれば早く断ってほしかった」となってしまうでしょう。

そういった理由で可能な限り、断るのは早い方が良いということとなります。

自分の中で断る気持ちで固まっているのであれば、できるだけ早く断りの連絡を入れましょう。

 

断る方法については、確実に断る意志が伝わるのであればどのような方法でも構いません。

確実なのは、プロダクションの担当者と連絡を取り合っている手段です。

メールでやり取りをしていたのであればメールで。

LINEでやり取りをしていたのであればLINEで。

電話でやり取りをしていたのであれば電話で良いのですが、電話では直接話しにくいという時は別の方法でも構いません。

重要なのは、どの方法で伝えるかよりも「早くはっきりと断る」ということです。

仕事依頼はプロダクションから連絡がきますので、プロダクションに返事すれば問題ありません。

 

 

断る理由については

断る理由については「何でも構いません」

プロダクション側などからすると、断りの意志とタイミングが重要なのであって、断る理由についてはそれほど重要ではないからです。

AVの仕事自体を辞める予定で断る際によく使われるものとしては、

・家族や彼氏、知り合いにバレた

・本業がどうしても忙しい

といったものがあります。

 

特に「家族や知り合いにバレた」という理由は、実際にAV女優が仕事を断ったり引退したりするのに多い理由となっています。

家族などの周囲の人には隠してAVの仕事をするつもりだったが、バレてしまったり怪しまれていることから、やはり仕事はできないというのはもっともな理由となります。

 

また、AV女優をしようとしている女性、AV女優の仕事をしている女性は他に本業がある場合がほとんどです。

主婦である、学生である、OLなどの本職があるといった女性が副業としてAV女優をすることが多いのです。

そのため、本業が忙しいためにAVの仕事ができないということになるのも多い理由となっています。

 

AVの仕事を続けていくつもりはあるが、今回の仕事を断りたいという場合には、

・日程が合わない

・撮影内容に不満がある

・ギャラに不満がある

など、はっきり告げれば問題はありません。

 

ただ、実際は本当の理由でなくても構いません。

どんな理由を言っても、それを確認する方法はないので理由は何でも良いのです。

一番だめなのは「中途半端」に断ることです。

あいまいな理由で、はっきりと断らない、という連絡をしてしまうとプロダクション側としても撮影の準備をしてもよいのか、キャンセルなのかがわかりにくくなります。

どういった理由でも良いので断る際には「はっきりと断る」ということが重要となります。

 

 

実際に仕事を断るのはどういった場合か

AVメーカーや制作会社からプロダクションに仕事依頼がくると、プロダクションのマネージャーから女優に「直接プロダクションで」「メールで」「lineで」などの方法で仕事依頼の連絡がきます。

そこには、

・撮影日時

・撮影予定時間

・ギャラ

・撮影場所

・集合場所

・服装などの指定

・撮影内容、予定されているプレイ

といった情報が連絡されてきます。

この内容で了承すれば仕事が決まることとなります。

 

都合が悪い、内容に納得がいかないという場合は仕事を断るということになります。

断る場合はできるだけ早く断る方が相手方には助かります。

ギリギリまで引っ張って断ると相手方に迷惑がかかることとなります。

 

AVの仕事を続けていくつもりはあるのに仕事を断る場合は「仕事の内容や条件に不満がある」ということがほとんどです。

AV女優という仕事をする目的の一つに「お金」というものがあります。

AVの仕事をすれば大金を稼ぐことができるという思いで面接を受けて仕事の依頼がきたものの、思っていたよりもギャラが安い、それで出演を悩むということがあります。

AV女優で1本の作品に出て50万円、100万円を貰うことができるような女優は単体女優や企画単体女優の中でもトップクラスの女優だけです。

多くの企画女優は1本3~10万円程度のギャラが一般的で、そのギャラをプロダクションと折半することとなります。

そう考えると、思っていたよりも少ないと感じる女性が多いのです。

ギャラに不満があるとその仕事は断るということになります。

 

また、自分がNGとしている項目、プレイの場合や撮影内容が納得できないということも断ることとなるでしょう。

こういった理由の時には仕事依頼が来ても断る場合があります。

 

 

本気で悩んでいる場合にはプロダクションに相談するのが良い

AVの仕事を条件が合わないから断るということはよくあることですが、仕事自体について悩んでいる場合にはそれなりの対応をしなければならないことがあります。

 

・他のプロダクションと悩んでいる

プロダクション面接を受けて合格したものの、もっと魅力的なプロダクションが見つかったためにそちらとの間で悩むということがあります。

プロダクションは掛け持ちができませんので、どちらかを断ることとなります。

ただ、AV業界はそれぞれにつながりがあり、プロダクション同士もつながりがあることが多いので、連絡なしにドタキャンしたりするとトラブルの元となるので注意が必要です。

しっかりと筋を通して断るようにしましょう。

 

・やはりAVに出るべきかを悩んでいる

これも多い理由ですが、漠然とAVに本当に出ても良いのかどうかを悩むということがあります。

もちろんこうして悩んでいるうちは撮影に踏み切らない、踏み切れないということがあります。

この場合はもう一度しっかりと考えた方が良いので、答えが出るまで撮影を待ってもらうか、一度プロダクションの所属を断って、改めて考える方が良いでしょう。

 

 

まとめ

AVの仕事の依頼が来たとしても、もちろんすべての仕事を受けなければならないということではありません。

条件が合わない、日程が合わない、撮影内容が合わないなど色々な理由で断るということもあるでしょう。

重要なのは断るかどうかということではなく、「早く」「誠実に」断ることです。

返事が遅くなったり、返事をしなかったりするということは相手に大きな損失が出る場合もあります。

悩んでいる場合にはプロダクションに相談してみるのも良いでしょう。

スタッフさんと仲良くなるには何に気をつけたら良い?仕事につながることも09月18日

スタッフさんと仲良くなるには何に気をつけたら良い?仕事につながることも

AVの仕事を続けていくためには現場スタッフと仲良くしていくということが重要となります。

プロダクションやメーカーの人と関係を築いていくことも重要ですが、やはり監督やカメラマン、衣装、スタイリスト、メイクなどの現場スタッフとの関係が築けないと長く仕事を続けていくことは難しいと言えます。

そこでここではスタッフと仲良くしていく際に気をつけていくことについて紹介をしていきたいと思います。

 

AV業界では信頼関係が重要である

どういった仕事でもそうですが、仕事をしていく上で関わった人と良好な関係を築いていくということは非常に重要となります。

人気が出ていく、長く仕事を続けていくためには作品で評価されたり、ファンを獲得していくことが必要となりますが、仕事の依頼を出すのも、一緒に仕事をしていくのも業界の関係者です。

メーカーの人と関係が築けない、プロダクションの人と良好な関係が築けない、現場のスタッフに嫌われるということをしていては、いくら人気があっても仕事を続けていくことは難しくなります。

特に「長く仕事をしていきたい」「多くの仕事をしていきたい」という場合には人間関係、信頼関係が重要だと言えるでしょう。

 

 

信頼関係を築いていくためには

メーカーの人、プロダクションの人、現場スタッフと仲良くなるのはそれほど難しいことではありません。

「礼儀正しく」「謙虚で」「筋を通して仕事をする」ということができればそれだけで大丈夫です。

これはどういった仕事をしていくことでも同様のことだと言えます。

「挨拶をする」「自分勝手な行動をとらない」「約束事を守る」ということをしていれば自然と関係を築いていきます。

逆にしてはいけないのは、

・ドタキャンをする

・遅刻が多い

・挨拶をしない

・自分の都合ばかり主張する

といったことです。

特にAVの撮影はチームで行いますので、遅刻やドタキャンは大きく迷惑をかけることとなります。

こうした不誠実な行動をとっている女優は「また仕事を依頼しよう」ということにならないので、すぐに消えていくこととなるでしょう。

 

 

スタッフと仲良くなって仕事を長く続けていくのには挑戦していく姿勢も重要

礼儀正しくすることはもちろん重要ですが、それだけをしていれば良いというわけではありません。

その他にも行っていくと良いことは色々とあります。

 

例えば、10年以上AV女優を続けていた有名な女優に吉沢明歩がいます。

彼女は16年にもわたって単体女優としてトップ女優として君臨し続けました。

もちろんAV作品での演技が評価されたということもありますが、彼女の特徴として色々なことに挑戦していったということがあります。

 

テレビで人気シリーズとなった「マスカットシリーズ」でも第1弾となる「お願い!マスカット」の初期メンバーとして参加しており、第1部シリーズのすべてで最前線で活躍していました。

この番組内でも彼女は色々なコーナーに参加しており、多くのキャラも作り出しています。

また、引退した現在でもSNSで人気となっており、次々と新しいことに挑戦していくという姿勢が見えます。

 

AV女優という仕事を長く続けていくためには、同じことを受け身でやっていてはいけません。

自分がしたことのない仕事、イベント、SNSなどでもどんどん挑戦していくという姿勢が結果的に長くAV女優を続けるということにつながっていくのです。

何かチャンスがあれば積極的に挑戦していくという姿勢を持つように心がけておくと良いでしょう。

 

現在であれば、撮影会や握手会、サイン会などのイベントもありますし、ライブチャットなどの配信コンテンツもあります。

これらにまだ挑戦していないという場合はぜひ挑戦してみましょう。

こうした「新しいことに挑戦していく姿勢」というのは、周囲からすると好意的に見てもらえることが多くあります。

中には「挑戦しているあの女優を応援したい」というスタッフでも出てくるでしょう。

 

 

色々なプレイやジャンルに挑戦する

AV作品には色々なジャンル、プレイがあります。

そしてAV女優やプロダクションは基本的には女優が希望するジャンルを優先して出演をしていくこととなります。

逆にやりたくないプレイなどは「NG項目」ということにして設定しておくことで避けることも可能です。

こうしてNG項目に設定しておけば、そのプレイが関係するAV作品には出演しないようになるのですが、このNGが多ければ多いほど、それだけ出演する機会は減るということになります。

特に多くの女優がNG項目に設定している「レズビアン」「スカトロ」「レイプ」「乱交」「ハードSM」「アナル」などについては自分が参加できるというだけで、それだけ作品に出演するチャンスは多くなることとなります。

また、こうしたプレイの作品は他の作品よりもギャラが高く設定されていることが多く、収入面でも安定が期待できます。

 

長くAV作品に出演していく、色々な仕事に出演していくためには、こうしたプレイの幅を広げるということも重要となります

実際にある程度の期間、作品に出演している女優が「解禁!○○」というタイトルで作品に出演することがあります。

これはその段階でNG項目から外したということが考えられます。

このようにプレイの幅を広げることで安定して仕事をしていくという方法もあるのです。

また、現場のスタッフからも色々なジャンルに挑戦する女優というのは仕事の幅も広くなるので使いやすいということになります

これも重要なことだと言えるでしょう。

 

 

AV女優として高い意識を持っている

現場のスタッフと仲良くする、仕事を良好な関係でしていくということについては年齢やAV女優歴は関係ありません。

たしかに以前はAV女優というと「若いうちだけ」というイメージが強くありました。

そのため、ある程度の年齢になると引退していくということが多く、活動期間が長くならない理由にもなっていました。

しかし、最近では「熟女」というジャンルが非常に人気となっているという現状があります。

 

AVには「巨乳」「女子校生」「ギャル」などのジャンルが細かく分かれています。

これらは比較的安定してずっと人気のあるジャンルですが、そこに最近「熟女」が加わってきたのです。

30代、40代、50代などさまざまな年齢の女優が熟女系、人妻系の作品に出演しており、それらが非常に人気となっています。

 

ただ、どんな年齢のジャンルがあるといっても、やはりAV女優ですので「美しい」ということが基本となります。

これは単純に若いから美しい、肌が綺麗といったことではなく、年齢を重ねていくにつれて成熟した美しさに変化していくという過程も含めるものです。

 

AV女優という仕事は「見られる」仕事です。

そういったことを意識している女優は、

・暴飲暴食をしない

・睡眠不足にならない

・適度なトレーニングをしている

・美容エステに通っている

などさまざまな取り組みを行っています。

こうした努力を続けることで、「美しさ」を保つことができ、AVの仕事も長く続けていくということが可能となるのです。

こうしたAV女優としての意識を高く持って仕事をしている女優であれば、現場スタッフも好意的に見てくれることが多くなります。

 

 

まとめ

AV女優の仕事をしていく上で現場スタッフと仲良くなるというのは非常に重要なことです。

「礼儀正しく」「自分勝手な主張をしない」「時間や約束は守る」「挨拶をしっかりする」といった基本的なことから「仕事の行い方」「AV女優としての意識」といったことに注意していれば、それが仕事につながっていくのです。

しっかりしている事務所は履歴書のこんなポイントを見る!履歴書のコツ09月18日

しっかりしている事務所は履歴書のこんなポイントを見る!履歴書のコツ

近年AV女優という仕事は人気職業の1つとなっており、なりたければ誰でも絶対になれるという仕事ではなくなってきています。

AV女優としての仕事をしていくためには、プロダクションに所属する必要があるのですが、このプロダクション面接でも人気のプロダクションにはなかなか合格しないということもあります。

そうした人気の事務所では面接時の履歴書もしっかりと見ています。

そこでここではプロダクション面接時に注意すること、履歴書に書いておくべきことなどについて紹介していきたいと思います。

 

面接時に重要視されること、履歴書に書くべきこととは

プロダクションの面接では履歴書と面接シートを提出して面接を受けることとなります。

履歴書は自分の経歴を正直に書いていくのですが、面接シートにも色々な項目があってそれらに答えていくこととなります。

名前、住所、生年月日、血液型などを答えていくと次は、性行為の経験、経験した場所や相手、したことがあるプレイ、スリーサイズ、などの質問となっていきます。

最後にNG項目などを聞かれるという流れになっていくのですが、ここで注意したいのは「必ずしも綺麗だから、スタイルが良いから合格」というわけではないということです。

もちろん綺麗、かわいい、スタイルが良い方が合格しやすいのは間違いないのですが、それだけが判断材料ではありません。

 

AV女優という仕事は一人ではできない仕事です。

相手となる男優、監督、カメラマン、メイク、スタイリストなど多くのスタッフとともに1本の作品を作り上げていく仕事です。

もちろん所属しているプロダクションの人、AVメーカーの人、制作会社の人とも関係を築いていく必要があります。

そう考えるとそういった人たちと関係を築いていけない、うまくやっていけないという人では仕事をしていくことができないと判断されるのです。

 

AVの撮影現場で態度が悪い、人とコミュニケーションをとろうとしない、横柄な話し方であるといった女優はいくら顔が綺麗でも仕事をしていくことはできません。

制作会社のスタッフが「この女優とは仕事をしたくない」となってくると次々と仕事をしていくということができないのです。

必要以上に無理をしてコミュニケーションをとる必要はありませんが、最低限のあいさつができる、丁寧な対応をするということができるということが基本となります。

面接では話をしている内容だけでなく、「話し方」「態度」などが見られていると考えておいて良いでしょう。

十分に顔がかわいい、スタイルが良いのに面接に合格しないというのはそういった態度面などで判断されている可能性があります。

こうした内容も履歴書、面接シート、面接を踏まえて判断されていくのです。

当然ですが、「履歴書に嘘の記載がある」「誠実さが感じられない」「常識がないと判断される」といったことがあると面接に合格できないということになります。

しっかりしたプロダクションはこういった部分を重視しているのです。

 

 

履歴書に書かれている希望内容がプロダクションと合っているかどうか

これからデビューするという新人のAV女優は基本的にはどこかのプロダクションに所属して仕事をすることとなります。

中にはフリーで仕事をしている女優もいますが、それは業界のことをある程度知っている、すでに人脈を作っているというベテランの女優に限られることで、デビュー時にはプロダクションに所属するというのが普通です。

 

そしてそのプロダクションはよほどの理由がない限り、頻繁に移籍するということはありません。

そのため、最初に選ぶプロダクションは非常に重要となるのです。

プロダクションはそれぞれ特徴があります。

・規模が大きい、小さい

・アットホームな雰囲気である

・特定のジャンル(妹系、ロリ系、熟女系、ギャル系、巨乳系など)に強い

・有名女優が在籍している

・メーカーや制作会社に強いパイプがある

などさまざまです。

 

ここで重要となるのが「事務所との相性」です。

小さくてかわいらしい雰囲気なので妹系、ロリ系として活躍したいという女優が熟女系に強いプロダクションに入るのはおすすめできません。

やはりその特性に合ったプロダクションに入る方が売り出しやすいのです。

そのため、どのプロダクションが正しい、間違っているというのではなく、「そのプロダクションと女優の相性」を考えて選ぶということが重要なのです。

 

プロダクションを選ぶ際には事前に調べておくことが可能です。

それぞれの公式サイトを見ると、どういった特徴を持っているプロダクションなのかがわかります。

案内文に書かれていることもありますし、どういった女優が在籍しているのかということもヒントとなります。

妹系、ロリ系の女優が多く在籍しているということは、そのジャンルに強さを持っているプロダクションだということになります。

また、これまでにどういった作品を出しているのか、どういったイベントを開催しているのかといったことを見ていくことで、そのプロダクションの特徴がわかります。

 

プロダクションとしても、自社の特性とまったく違う女優に面接に来られてもうまく売り出していけるかどうかと悩むこととなるので、不合格にする場合があるのです。

そのため、プロダクションを選ぶ際には、そのプロダクションと自分の相性を考えて選ぶということが重要だと言えるでしょう。

「こうした希望がある」「こうした仕事をしていきたい」ということを履歴書に書くことになるのですが、それがプロダクションのカラーとあまりにもかけ離れている場合にはそのプロダクションに所属することはできないでしょう。

 

 

履歴書に書かれた希望する条件面について

プロダクション面接で意外と不合格の理由となっているのがこの「条件面」です。

AV女優の面接に来る女性にはさまざまな女性がいます。

・家族や周囲の人にはバレたくない

・週末だけ働きたい

・これだけのギャラを希望している

・こういったプレイはしたくない

といった女性の希望とプロダクションの条件をすり合わせていくこととなるのです。

そしてこうした希望は履歴書の「希望欄」に書くことができます。

 

もちろんプロダクションとしては、ある程度女性の希望を尊重してくれるのですが、そこでプロダクションとして受け入れられないような希望ばかりが出てくると「売り出すのが難しい」と判断されることとなります。

・あまりにもNG項目が多すぎる

・最初から多額のギャラを要求してくる

といったこととなるとやはり難しいでしょう。

 

AV女優は自分ができない、したくないプレイについてはNG項目を設定することができます。

「レズビアン」「乱交」「レイプ」「中だし」「スカトロ」「ハードSM」などがNG項目として設定されることが多いものとなっています。

もちろんやりたくない仕事を無理にやる必要はないのですが、こういったNG項目が多ければ多いほど「出演できる作品が減る」ということになります。

逆にみんながNG項目にしているようなプレイをすることができるのであれば、それだけ出演のチャンスは増えるということになります。

プロダクションとしてもあまりにもNG項目が多すぎると売り出し方が難しくなるので、不合格にするということがあります。

 

もちろん仕事をするにあたって女性は自分が働きたい希望を伝えていくということは重要となるのですが、その希望とプロダクション都合があまりにもかけ離れている場合はすり合わせることが無理と判断されることにもつながります。

まずは、自分の中で条件の優先順位をつけて、譲っても良い条件と譲れない条件に分けておくと良いでしょう。

 

 

まとめ

AV女優として仕事をしていくためにはプロダクションに所属することとなるのですが、プロダクション面接は全員が合格するというものではありません。

そこでは「顔」「スタイル」といった容姿だけでなく、履歴書にどういった内容のことを書いているのかも関わってくるのです。

嘘を書くのは論外ですが、プロダクションとタイプが合っていない、条件が明らかに合わないと判断されるようなことは避けるようにしましょう

 

AV女優の志望動機ってどんなことを書けば良い?09月18日

AV女優の志望動機ってどんなことを書けば良い?

AV女優として仕事をしていくに当たって、まずはプロダクション面接を受けることとなります。

その後、仕事を受けるためにメーカー面接などを受けることがあるのですが、その際の履歴書や面接シートには「志望動機」を書く欄があります。

では、この志望動機の欄には何を書けば良いのでしょうか。

ここではAV女優の志望動機について紹介していきたいと思います。

 

基本的には正直に書けば良い

まずこうした履歴書などの基本でもあるのですが、「正直に書く」ということが正解となることが多くあります。

ただ、理由によっては正直に書かない方が良い、正直には書けないということももちろんあります。

昔は、

「借金返済のため」

「無理やり仕事をさせられる」

「これしか仕事がなかった」

といったことがあったかもしれませんが、最近ではAV女優が人気職業となっていることもあり、こんな理由では合格することはできません。

 

そこで、まずはAV女優が志望動機として出しているものを一通り知っておいた方が良いでしょう。

それらに自分が当てはまる場合もあるでしょうし、どういったことを書けば良いのかということの参考にもなります。

 

 

目立ちたい、注目を集めたい、人気者になりたい

トップクラスのAV女優は一般のアイドルやタレントよりも知名度が高いということが普通になってきています。

SNSでのフォロワーも数百万人単位の女優もいますし、自身のブランドを立ち上げているという女優もいます。

こうした人気女優になれば握手会やサイン会、トークショーなどを行えば多くの人が集まるということもありますし、歩いていれば一緒に写真を撮りたい、握手を求められる、サインを求められるということもあるでしょう。

このようにAV女優という仕事は、多くの人の注目を集めることができる仕事でもあります。

すでにそうして成功している女優を目標にして、自分もAV女優になりたいというのは立派な志望動機となります。

 

 

目標としているAV女優がいる

こちらは上記のような大きな影響力を持ったAV女優に憧れて自分もそうなりたい、目標としたいという理由です。

近年AV女優の中には幅広いジャンルで活躍する女優が増えてきています。

中には作家になったり、自身のブランドを立ち上げたり、SNSで多くのフォロワーを抱えているという女優も数多くいます。

そういった女優が握手会などのイベントを開催すると大勢の人を集めることができるという影響力も強くなっています。

さらにゲームアプリやパチンコ台などに出演していたり、有名You tuberとコラボしていたりすることも増えてきています。

こうした活動はAV業界だけでなく、幅広く知られることにもつながっています。

このようなAV女優に憧れて、自分もそうなりたいというのは志望動機として書くことができるものとなります。

 

 

セックスが好き、興味がある、得意である

色々な理由でAV女優を目指す人がいますが、やはり仕事の基本はカメラの前でセックスをするということになります。

そのため、根本的にセックスが嫌いである、興味がない、苦手でやりたくないという人には向いていません。

逆にセックスが好きである、興味がある、得意だという人には向いていると言えます。

また、AVの作品では相手は「プロの男優」がすることとなります。

一般の人とは違うセックスのテクニックを持っている人とセックスをすることとなりますので、それに挑戦してみたいという場合も志望動機となるでしょう。

中には専業主婦などで「セックスレス」の日々を送っているために「セックスをしたい」という理由で応募してくるという場合もあります。

 

 

他の仕事で活躍するためのステップアップにしたい

ゆくゆくは女優、アイドル、タレントとして活動したいという人でも、その道に入っていきなり活躍できるかどうかはわかりません。

中には長くその業界にいたものの結局人気が出ることなく引退していくという人も多くいます。

近年AV女優はテレビ番組やネット番組に出演することも多くありますし、グラビアなどの仕事をするということもあります。

そのため、まずAV女優で知名度や人気を獲得した上で、その後アイドルやタレントとなるという方法もあるのです。

AV女優引退後にYou tubeなどで活動したり、タレントとして仕事をする人、作家となる人などさまざまな人たちがいるので、そういった道に進むためのステップとしてAV女優になるという方法もあります。

 

 

お金を稼ぎたい

AV女優を志望するもっとも多い理由として「お金を稼ぎたい」ということがあります。

その中には、

・借金を返したい

・生活費の足しにしたい

・本業だけではお金が足りない

・もっと自由に使えるお金がほしい

・効率的にお金を稼ぎたい

などさまざまなものがあります。

AV女優の仕事はうまく行えば効率的にお金を稼ぐことができる仕事です。

本業を持っている人が副業で行うということもありますし、短期間集中的に稼ぐということも可能です。

そうした理由の人からするとお金を稼ぐことができるAV女優の仕事は魅力的に映るのかもしれません。

 

 

風俗よりも安全に稼ぎたい

お金を稼ぐとすると風俗という考え方もありますが、AV女優という仕事は実は風俗よりも安全に稼ぐことができる仕事です。

例えば、「身バレのリスク」を考えると、一見AV女優の方が身バレしそうなイメージがありますが、企画女優として仕事をしているうちはそれほど注目されることもないため、身バレの可能性はそれほどありません。

風俗の場合はもし知り合いがお客として目の前に現れた場合「別人だ」と逃げ切ることが難しいため、実は身バレリスクが高いということがあります。

 

もう一つは「性病」の問題です。

風俗の場合は相手が一般人のため、普段から性病検査などは行っておらず、性病に感染するリスクがあります。

しかしAVの場合はセックスの相手はプロの男優です。

AV業界では男優も女優も常に性病検査を行っており、検査を受けなければ作品に参加することはできません。

そのため、AV業界の方が安心ということがあります。

風俗よりも安全に稼ぐことができるというのも志望理由として挙げられています。

 

 

よく考えた上で志望するのであれば、あとは思いを正しく伝えるだけ

AV女優の志望動機には色々とあるのですが、重要なことは自分で決めて納得した上で応募するということです。

人に強制されて、一時的な感情で行うということはおすすめしません。

AV女優を志望する女性の中には「彼氏に振られたから」「ちょっとほしいものがあるから」といった一時的な理由で応募する人がいますが、こういった理由でAVの仕事をすると後悔することがあります。

AV女優としてデビューしてある程度仕事を続けていくことができている女優は、自分なりの志望動機をしっかりと持っている女優が多くなっています。

自分の志望動機を見つめなおし、AVの仕事をして「良かった」と思えるような気持ちで応募するのであれば問題ないでしょう。

 

 

まとめ

AV女優を志望する人の中でも理由、志望動機はさまざまです。

しかし、実際にはAV女優として成功するかどうか、続けていくことができるかどうかはその人次第ということとなります。

自分が後悔しない理由であれば、どういった志望動機でも問題はないということとなります。

よく志望動機を見つめなおし、自分に合ったプロダクションを選んで応募するようにしていきましょう

AV女優のファン感謝イベントってどんなことをすればいいの?09月18日

AV女優のファン感謝イベントってどんなことをすればいいの?

AV女優の仕事は作品に出演することだけではありません。

実際にファンと出会って仕事をすることもあります。

それが「ファン感謝イベント」です。

これには色々な種類があり、それぞれでできることが違っています。

そこでここではAV女優が行っているファン感謝イベントについて紹介していきたいと思います。

 

トークショーや交流ツアーなど

AV女優と直接会話したり、一緒に旅行にいったりというもっとも交流要素が強いのがオフ会、トークイベント、交流ツアーといったものになります。

トップクラスの女優の場合は、その女優の名前単体で開催する場合もあり、それぞれのイベントによって内容はまったく違ったものとなります。

 

トークショーはある程度知名度が高い女優が1~3人程度で行うことが多くなっています。

チケット制、事前予約制のものが多くなっており、所属しているプロダクションの公式サイトなどでその情報を確認することができます。

交流ツアーでは、日帰りでバーベキューに行ったり、カラオケ大会のようなものが開催される場合もありますし、新型コロナウイルスの感染拡大以前にはAV女優と一緒に旅行するツアーなどが組まれることもありました。

中にはAV女優みずからが企画して開催するという場合もあり、ファンにはたまらないイベントとなっています。

 

また、プロダクションが企画する場合は、そのプロダクションに所属している女優複数が参加する場合もありますし、メーカーが企画するという場合もあります。

こういったイベントはその性質から少人数で開催されることが多いため、参加を希望しても必ず参加できるかどうかはわかりません。

ただ、少人数でのイベントだからこそ、女優との距離は非常に近いものとなっており、憧れの女優と積極的に交流できるものとなっています。

 

開催の告知や申し込みなどは公式サイトで行われますので、こういった告知を見逃さないようにしましょう。

開催されるイベントの中には、少し過激なエロイベントもあります。

こうしたイベントはDVDをある程度購入する、ごく少数で開催されるというように参加条件が厳しい場合があるのですが、参加を希望する場合はぜひ挑戦してみましょう。

 

 

撮影会イベント

こちらはその名前の通りAV女優の撮影会となります。

参加者は事前に申し込みを行い、カメラ持参で参加することができます。

ここで撮影した画像は転用したり、SNSにアップすることは禁止されていますが、自分だけの画像として楽しむことができます

 

撮影会の規模や開催される頻度はAV女優の人気や知名度にもよるため、AV女優のSNSや所属しているプロダクションのサイトなどからチェックしておくと良いでしょう。

基本的にはグループ撮影となるのですが、1対1の形式のものもあります。

 

ここでは「私服」「下着」「水着」などさまざまなパターンがあり、その撮影会がどういったものなのかも事前に確認しておくと良いでしょう。

この撮影会はすでに人気となっているAV女優のものだけでなく、プロダクションがこれから売り出していきたい女優のものもありますので、細かくチェックしておくことをおすすめします。

基本的にはカメラ持参での参加となるのですが、撮影会によってはスマホなどでも参加できる場合があります。

ただ、すべての撮影会でOKということではないので、こちらも事前に確認しておきましょう。

 

 

握手会やサイン会

AV女優の開催するイベントとしてもっとも多いのがこの握手会、サイン会です。

DVDを発表、販売するタイミングで開かれることが多く、ファンが女優に会うイベントとしてはもっともポピュラーなものとなります。

作品の主演となっている女優一人で行う場合もありますし、複数の女優で開催するということもあります。

 

場所は東京であればDVD販売店、秋葉原などが多く、ある程度の期間を作って全国の主要都市を回っていくというパターンもあります。

DVD販売店などで開催されているので、ライトなファンでも参加しやすく、その時の状況によってはAV女優と会話する時間があったり、ツーショット写真を撮ることができる場合もあります。

その女優の知名度などによっても開催される規模が変わってくるので、こちらも女優のSNSやプロダクションのサイトで確認しておきたいところです。

主要都市を回っていくものであれば、近所のDVD販売店などで開催される場合もあるのでチェックしておきましょう。

 

 

ファン感謝イベントに参加するためには

ではこうしたイベントに参加するにはどうすれば良いでしょうか。

 

AV女優のSNS、プロダクションのサイトをチェック

もっとも確実な方法はこちらになります。

自分が気になっている女優がいる場合は、常に公式サイトやSNSをチェックしておくことが重要となります。

開催されるイベントの日時や内容が掲載されることも多いので、しっかり押さえておきましょう。

また、女優が所属しているプロダクションのサイトで告知が行われることもあります。

これも併せて押さえておくと良いでしょう。

SNSなどは事前にフォローしておけば、何か情報が掲載されるとすぐにわかるようになります。

 

・手広くイベントをチェックするには

特にお気に入りの女優がいるわけではないが、開催されているイベントがあるなら行きたい、近所で開催されているなら行ってみたいという場合などは関連するイベントがまとめて掲載されているサイトなどからチェックしていくと良いでしょう。

 

AV女優関連イベントサイトの「イベルト」であれば、「日時別」「地域別」から検索することができるようになっており、条件に当てはまるイベントがまとめて表示されるようになっています。

気になるイベントがあれば、クリックすれば詳細情報を見ることができます。

イベルト:https://www.av-event.jp/

 

・参加方法は

サイン会や握手会などは行けばいきなりサインしてもらえるというわけではありません。

サイトに登録する必要があったり、事前予約が必要な場合もあります。

DVD販売店で行われるイベントで多いケースとしては、

「対象DVD1枚購入するとサインがもらえる」

「対象DVDを2枚購入するとツーショット写真が撮れる」

「対象DVD3枚以上購入すると撮影時間が追加される」

といった形式です。

特に予約などは必要ありませんが、その販売店で対象となっているDVDやグッズなどを購入することでサインやツーショット写真がもらえるというものです。

 

撮影会やオフ会、交流ツアーなどに関しては事前予約が必要となります。

公式サイトなどから予約を行い、参加するようにしましょう。

 

 

AV女優イベント参加の際の注意点とは

それぞれのイベントごとにルールやマナーが決まっているので、それに従っておけば問題ありません。

詳しくないという場合でも基本的に常識的な行動をとっておけば大きな問題はありません。

たいていのイベントは注意事項が掲載されているのでそういったものを事前に確認しておくと確実です。

 

ただ、どういったイベントでも共通しているのは「AV女優に触ってはいけない」ということです。

目の前に憧れの女優がいると触れたくなるのはわかりますが、基本的に触れてはいけません。

許可された握手会イベントの際に握手だけすることは可能ですが、それ以外にはNGだと思っておきましょう。

 

撮影会やツーショット写真を撮る際にはカメラが必要となります。

中にはスマホなどでも撮影ができるイベントもありますが、イベントによってはスマホでの撮影が禁止の場合があります。

そのため、カメラを用意しておくと確実だと言えます。

 

 

まとめ

ファン感謝イベントには撮影会、サイン会、握手会、オフ会、交流ツアー、トークイベントなど、さまざまな種類が用意されています

ここでは女優のトークイベントを聞くことができたり、自分だけの写真を撮影したり、サインをもらったり、直接会話するということができます。

気に入っている女優がいたらぜひ一度これらのイベント

閉じる

Wish Promotion

ここから先は「AV女優の求人情報紹介」のページになります。
上記を理解した上で、自らの意思に基づき、サイトを閲覧するものとします。