AV女優モデルの募集・求人「Wish Promotion」 AV業界ブログ

AV業界ブログblog

セクシー女優のキャリアチョイス:自己表現と経済的独立の新たな可能性02月16日

近年、セクシー女優という職業が社会的に受け入れられつつあり、その選択には様々なメリットが存在します。このブログでは、セクシー女優としてのキャリアチョイスがもたらすポジティブな側面に焦点を当ててみましょう。

1. 自己表現の場としてのセクシー女優

セクシー女優としての仕事は、自分自身を表現し、アートとしての一環として捉えることができます。演技やパフォーマンスを通じて、個々の個性や美しさを探求し、表現することができるのです。このような自己表現の場があることで、才能を開花させ、自身の魅力を最大限に活かすことが可能です。

2. 芸術的な側面の追求

セクシー女優としての仕事には、芸術的な側面があります。セクシーなシーンやストーリーラインを通じて、感情や物語性を表現することが求められます。これにより、自らの芸術的なスキルや表現力を向上させ、幅広い役割に挑戦することができます。

3. 経済的独立の実現

セクシー女優としてのキャリアは、経済的な自立を追求する女性にとって魅力的な道となります。この仕事には高収入の可能性があり、独立して生計を立てることができるでしょう。経済的な自立が実現することで、自己決定権が増し、自分の人生をコントロールする力を手に入れることができます。

4. ポジティブな自己イメージの構築

セクシー女優としての仕事は、自分の体に自信を持ち、ポジティブな自己イメージを構築する一助となります。自身の魅力やセクシュアリティを受け入れ、それをポジティブに表現することで、自分自身への愛情や自己肯定感を高めることができます。

5. セクシュアリティの解放と多様性の促進

セクシー女優としての活動は、セクシュアリティの解放と多様性の促進にも一役買っています。異なる体型や人種、性別のセクシー女優が活躍することで、多様性が尊重され、セクシュアリティの偏見やステレオタイプが打破される可能性が広がります。

総じて、セクシー女優としてのキャリアチョイスは、自己表現、芸術的な追求、経済的独立、自己イメージの向上、セクシュアリティの解放など、多くのポジティブな側面が存在します。重要なのは、この選択が女性自身の自由意志に基づいていることであり、社会がその多様性を受け入れ、尊重することです。

AV女優の年収は年々どう変化している?上がってます!02月15日

 

 

AV女優のギャラは2000年前後のDVDが全盛だったころと比べると低下していると言われていますがそれは本当なのでしょうか。

確かにそのころと比べるとギャラ自体は低く設定されることが多くなっていると言われています。

しかし「年収」自体は逆に上がっていると言われているのです。

ではなぜこんなことが起こっているのでしょうか。

ここではAV女優の年収の変化について紹介していきたいと思います。

 

1.年収が下がっていると言われている原因の一つはAV新法

AV新法とはAV出演被害防止・救済法案」のことです。

20224月から成人年齢が18歳に引き下げられたことを受けて、18歳、19歳の女性が

不利な条件によってAVへの出演契約を結ぶ危険性があることから議論が本格化したものです。

上記のように、これまでも18歳以上であればAVに出演することができたのですが、20歳未満が未成年とされていた時は「未成年者取消権」によって一定の保護を受けていたという事実があります。

「未成年者取消権」とは、親の同意がないまま未成年者がおこなった契約を取り消せる権利であり、民法により定められている権利です。

この権利によって1819歳の未成年が、意に沿わなかったり十分に理解がないままAVに出演しても、この「未成年者取消権」に基づいて販売・流通停止などが可能となっていたという経緯があります。

 

しかし18歳が成人年齢になると、18歳、19歳には未成年者取消権が無くなるということとなります。

これについて18歳、19歳の人が、お金に困っているなどの理由などでアダルトビデオの出演契約を締結してしまった場合に未成年者取消権が行使できず、契約を解除することは難しくなるという意見が出されました。

 

これに対して、AV業界の健全化などに取り組むAV人権倫理機構はメーカーやプロダクションなどに対して、出演年齢を20歳以上とする推奨を通達しました。

ただ、AV人権倫理機構には加盟していない事業者も存在しているだけでなく、最近ではアダルト動画サイトなどで自主的に配信をおこなう人も増えてきています。

そのため、業界全体に及ぶような包括的な対策が求められました。

 

そうして20223月、支援団体らが包括的な法整備を訴え、411日に与党・自民党側もAV出演強要問題に向けたプロジェクトチームを設置しました。

同月中には、与野党によって足並みを揃えた取り組みも始まっています。

ここでは問題意識も「成人年齢の引き下げ」に留まらず、より広い「AV出演強要の被害防止」に置かれたことで、年齢・性別を問わない対策の必要性などが確認されました。

こうして511日には法案が示され、その後1213日にかけて修正案が示され、615日に成立することとなったのです。

 

この法改正を受けてAV業界では、「契約の結びなおし」「契約書の徹底化」などが行われることとなったのです。

中には、これまでメーカー、プロダクション、女優の信頼関係で仕事が成立していた場合でも新たに契約書が必要となったことによって、撮影の取り直しや契約のやり直しなどが発生することとなりました。

このあおりを受けて、一部の女優は仕事が減った、決まっていた仕事が無くなったということとなったのです。

これによって年収が下がったと言われることとなったのです。

 

 

2.実際のAV女優のランク、ギャラ単価、収入のパターンとは

AV女優はみんなが同じランクというわけではなく、その中には「単体女優」「企画単体女優」「単体女優」というランクがあります。

1万人いると言われているAV女優はそれぞれのランクに分けられているのです。

ランクごとのそれぞれの収入例を見ていくと、

 

・単体女優・・・メーカーと専属契約をして作品に単体で出演する女優です。

月に12本程度の撮影で、1本のギャラは50100万円前後となります。

その中でも特に知名度の高いトップクラスの女優はギャラが300万円前後にもなることがあり、テレビやネット番組などに出演したりすることもあります。

 

他にもYouTuberとのコラボやゲーム、パチンコなどに出演することもあり、撮影会や握手会などのイベントが開かれることも多くなっています。

さらに近年ではTwitterInstagramなどで100万人以上のフォロワーを抱えている女優も増えてきており、アパレルや美容のブランドを立ち上げている女優もいます。

そのため高い年収と言えば、やはり単体女優と考えることが一般的です。

しかし全体でいうと単体女優はわずか数%程度しかいないという狭き門でもあります。

 

 ・企画単体女優・・・メーカーと専属の契約はせずに単体で作品に出演している女優です。

作品の1本のギャラは3050万円ほどとなっていますが、作品の出演数に制限がないので、女優によっては数多くの作品に出演することで単体女優よりも稼ぐ場合もあります。

月に数十本の作品に出演し、年間に100本以上の作品に出演することもあり、合計収入では単体女優よりも稼ぐことがあります

 

人気女優だった上原亜衣などは企画単体女優として仕事をしており、年間200本以上の作品に出演し、年収が数千万円以上に達したと言われています。

 

彼女は5年間の活動期間で1000本以上の作品に出演していることからも、この間に3億円前後は稼いでいると言われています。

こうなると生涯年収としても通用するレベルで稼いでいると言えるでしょう。

ただ、彼女ほどの女優はほんの一部ですので、なかなか基準としては考えづらくなっています。

 

・企画女優・・・現在AV女優の90%以上がこれに当たります。

複数の女優で一つの作品に出演することが多く、女優名がついていない女優もいます。

1本のギャラは310万円ほどのものが多く、他に本業があったり、他の仕事と兼業で行っている女優がほとんどです。

そのため、学生や主婦、OLなどの本業が別にあって、副業としてAV女優をしているということも多くなっています。

このランクの女優は一般の仕事をしている人とそこまで変わらない年収とも言えるかもしれません。

 

 

3.年収が高いと言われる女優とは

年収が高い、高くなってきていると言われている女優の多くは「ブランドを持っている」「SNSで大きな影響力を持っている」といった特徴があります

ここではそういった中でも特に年収が高いと言われる女優「三上悠亜」を紹介していきます。

 

こちらはAVを見る人であれば知らない人はいないほどのトップクラスの有名女優です。

もともとはアイドルグループSKE48のメンバーでしたが、脱退後にAV女優としてデビューし、あっという間に大人気女優となった彼女です。

Twitterのフォロワーが150万人を超えており、男性女性を問わずファンが多いという特徴があります。

彼女のSNSも「美容」「ファッション」に関する掲載が多く、女性からの支持を集める要素となっています。

もちろん「エッチな自撮り」の画像も多く掲載されており、男性からの支持もしっかりとしたものとなっています。

 

彼女の収入はかなり不明な部分が多くなっています。

本業のAV作品では現役女優の中でもトップクラスの単価の高さが予想されるものの、出演本数がそれほど多くないという状況になっています。

しかしそれに対してYou tubeなどのSNS、アパレルブランドのプロデュースなどの副業が非常に多くなっています。

さまざまな方面でプロデュースなどを行っているため、その部分の収入が読みにくくなっています。

それでも年収5000万円以上は確実とされており、副業の割合によっては1億前後まで達している可能性もあります。

 

 

まとめ

AV女優の年収はギャラが下がってきているということよりも「仕事の多様化」「SNSでの活躍」「ブランドリリース」などによって上がってきていると言われています。

まだまだ展開は広がっていくと言われていますので、年収の伸びは期待できるでしょう。

 

5年、10年AV女優を続けるために心がけておきたい3つのコツ02月14日

5年、10年AV女優を続けるために心がけておきたい3つのコツ

活動期間が短いといわれるAV女優は平均すると半年~1年ほどの活動期間と言われています。

しかし中には吉沢明歩のように15年以上にわたってトップ女優として活躍する女優もいます。

そこでここでは5年、10年にわたってAV女優を続けていくために心がけておきたい3つのコツについて紹介していきたいと思います。

 

自分に合ったプロダクションを選ぶ

デビューする際にはプロダクションに所属してデビューするのがAV女優としては一般的となっています。

プロダクションにはそれぞれ特徴があり、ロリ系や妹系に強い、熟女系に強いといった特定のジャンルに強いということや、メーカーや制作会社に強いつながりがあるという長所があります。

そのため、女優は自分に合ったプロダクションに所属するということが重要となります。

自分がやりたいジャンルに強いプロダクションであれば、理想に近い仕事をすることができるでしょう。

これはすでにそのプロダクションに所属している女優を見ればたいていの傾向がわかるようになっています。

逆にプロダクションの特徴と合っていないと、思うような仕事ができない、仕事量が少ないということになりがちです。

 

また、他に仕事をしている、主婦である、周囲の人には隠して仕事をしたい、時間の都合を合わせてほしいといった女優の都合に対してもどれだけ対応してくれるかはプロダクションによって違ってきます。

自分が仕事をしやすい環境のプロダクションに所属するということが長くAVの仕事をしていくことにつながるのです。

 

 

年齢に合わせてプレイの幅を広げる

AV作品には色々なジャンル、プレイがあります。

そしてAV女優やプロダクションは基本的には女優が希望するジャンルを優先して出演をしていくこととなります。

逆にやりたくないプレイなどは「NG項目」ということにして設定しておくことで避けることも可能です。

こうしてNG項目に設定しておけば、そのプレイが関係するAV作品には出演しないようになるのですが、このNGが多ければ多いほど、それだけ出演する機会は減るということになります。

特に多くの女優がNG項目に設定している「レズビアン」「スカトロ」「レイプ」「乱交」「ハードSM」「アナル」などについては自分が参加できるというだけで、それだけ作品に出演するチャンスは多くなることとなります。

また、こうしたプレイの作品は他の作品よりもギャラが高く設定されていることが多く、収入面でも安定が期待できます。

 

長くAV作品に出演していくためには、こうしたプレイの幅を広げるということもあります。

実際にある程度の期間、作品に出演している女優が「解禁!○○」というタイトルで作品に出演することがあります。

これはその段階でNG項目から外したということが考えられます。

このようにプレイの幅を広げることで安定して仕事をしていくという方法もあるのです。

 

こうしたプレイは年齢に合わせて変化していくということもあります。

以前はAV女優というと「若いうちだけ」というイメージが強くありました。

そのため、ある程度の年齢になると引退していくということが多く、活動期間が長くならない理由にもなっていました。

しかし、最近では「熟女」というジャンルが非常に人気となっているという現状があります

 

AVには「巨乳」「女子校生」「ギャル」などのジャンルが細かく分かれています。

これらは比較的安定してずっと人気のあるジャンルですが、そこに最近「熟女」が加わってきたのです。

30代、40代、50代などさまざまな年齢の女優が熟女系、人妻系の作品に出演しており、それらが非常に人気となっています。

 

こうしてジャンルによって年齢の幅が広がってくると、AV女優が長く仕事を続けるということにもつながってきます。

20代にデビューした女優が、年齢を重ねていくにしたがって出演するジャンルを変化させていくことが可能となったのです。

若いうちはギャル系や女子高生系の作品に出演していき、ある程度の年齢になると熟女系、人妻系の作品へと移行していくことが可能となったのです。

こうして出演する作品ジャンルを変えていくことで長く仕事をするということが可能となってきているのです。

 

ただし、どんな年齢に合わせたジャンルがあるといっても、やはりAV女優ですので「美しい」ということが基本となります。

これは単純に若いから美しい、肌が綺麗といったことではなく、年齢を重ねていくにつれて成熟した美しさに変化していくという過程も含めるものです。

 

AV女優という仕事は「見られる」仕事です。

そういったことを意識している女優は、

・暴飲暴食をしない

・睡眠不足にならない

・適度なトレーニングをしている

・美容エステに通っている

などさまざまな取り組みを行っています。

こうした努力を続けることで、「美しさ」を保つことができ、AVの仕事も長く続けていくということが可能となるのです。

 

 

次々と新しいことに挑戦していく姿勢

10年以上AV女優を続けていたレジェンド女優に吉沢明歩がいます。

彼女は16年にもわたって単体女優としてトップ女優として君臨し続けました。

もちろんAV作品での演技が評価されたということもありますが、彼女の特徴として色々なことに挑戦していったということがあります。

 

テレビで人気シリーズとなった「マスカットシリーズ」でも第1弾となる「お願い!マスカット」の初期メンバーとして参加しており、第1部シリーズのすべてで最前線で活躍していました。

この番組内でも彼女は色々なコーナーに参加しており、多くのキャラも作り出しています。

また、引退した現在でもSNSで人気となっており、次々と新しいことに挑戦していくという姿勢が見えます。

 

AV女優という仕事を長く続けていくためには、同じことを受け身でやっていてはいけません。

自分がしたことのない仕事、イベント、SNSなどでもどんどん挑戦していくという姿勢が結果的に長くAV女優を続けるということにつながっていくのです。

何かチャンスがあれば積極的に挑戦していくという姿勢を持つように心がけておくと良いでしょう。

 

現在であれば、撮影会や握手会、サイン会などのイベントもありますし、ライブチャットなどの配信コンテンツもあります。

これらにまだ挑戦していないという場合はぜひ挑戦してみましょう。

実際にベテランと呼ばれるような女優たちも近年SNSの配信を行っていたり、ライブチャットを行う、撮影会を行うというといったことに積極的に参加しています。

こうした積極的な活動が長くAV女優という仕事をしていくことにつながっているのです。

 

そのうえで「引退」ということを考えていくことになるのですが、ほとんどのAV女優は引退作品が作られるということはありません。

新しい仕事をしないという期間が長くなっていくことで自然と引退したということになるのです。

この場合、正式にプロダクションと契約解除の話し合いをしない限りはプロダクションに籍が残ることとなります。

その状態であれば、また仕事が入ればそのまま復帰するということになります。

長く仕事をしていくに当たっては、この引退ということについてもしっかりと考えて対応していくことが重要となるのです。

 

 

まとめ

AV女優という仕事はすぐに辞めてしまう、引退してしまうという女優もいれば、5年、10年にわたって仕事をしていくという女優もいます。

長く仕事を続けている女優はやはりそういった努力を何かしていると考えられるのです。

実際にAV女優の仕事を長く続けている女優を参考にして、それらの取り組みをしていきましょう。

 

AV新法の影響はそんなにない?仕事を増やしたAV女優は何をしている02月13日

AV新法の影響はそんなにない?仕事を増やしたAV女優は何をしている

テレビやネットニュースなどで扱われることも多くなっている「AV新法」ですが、この法改正が女優の仕事の仕方や量にも影響を及ぼしています。

中には収入が大きく減ったという女優もいるのですが、逆に仕事を大きく増やしたという女優もいます。

ではAV新法が出てから仕事を大きく増やしたという女優はどういった仕事をしているのでしょうか。

ここではその部分について紹介していきたいと思います。

 

AV新法によってAV女優の仕事が減るというのはどういうことか

「AV新法」とは具体的には「AV出演被害防止・救済法案」のことです。

20224月から成人年齢が18歳に引き下げられたことを受けて、18歳、19歳の女性が

不利な条件によってAVへの出演契約を結ぶ危険性があることから議論が本格化したものです。

上記のように、これまでも18歳以上であればAVに出演することができたのですが、20歳未満が未成年とされていた時は「未成年者取消権」によって一定の保護を受けていたという事実があります。

「未成年者取消権」とは、親の同意がないまま未成年者がおこなった契約を取り消せる権利であり、民法により定められている権利です。

この権利によって1819歳の未成年が、意に沿わなかったり十分に理解がないままAVに出演しても、この「未成年者取消権」に基づいて販売・流通停止などが可能となっていたという経緯があります。

 

しかし18歳が成人年齢になると、18歳、19歳には未成年者取消権が無くなるということとなります。

これについて18歳、19歳の人が、お金に困っているなどの理由などでアダルトビデオの出演契約を締結してしまった場合に未成年者取消権が行使できず、契約を解除することは難しくなるという意見が出されました。

 

これに対して、AV業界の健全化などに取り組むAV人権倫理機構はメーカーやプロダクションなどに対して、出演年齢を20歳以上とする推奨を通達しました。

ただ、AV人権倫理機構には加盟していない事業者も存在しているだけでなく、最近ではアダルト動画サイトなどで自主的に配信をおこなう人も増えてきています。

そのため、業界全体に及ぶような包括的な対策が求められました。

 

そうして20223月、支援団体らが包括的な法整備を訴え、411日に与党・自民党側もAV出演強要問題に向けたプロジェクトチームを設置しました。

同月中には、与野党によって足並みを揃えた取り組みも始まっています。

ここでは問題意識も「成人年齢の引き下げ」に留まらず、より広い「AV出演強要の被害防止」に置かれたことで、年齢・性別を問わない対策の必要性などが確認されました。

こうして511日には法案が示され、その後1213日にかけて修正案が示され、615日に成立することとなったのです。

 

この法改正を受けてAV業界では、「契約の結びなおし」「契約書の徹底化」などが行われることとなったのです。

中には、これまでメーカー、プロダクション、女優の信頼関係で仕事が成立していた場合でも新たに契約書が必要となったことによって、撮影の取り直しや契約のやり直しなどが発生することとなりました。

このあおりを受けて、一部の女優は仕事が減った、決まっていた仕事が無くなったということとなったのです。

「AV新法のせいで仕事が減った」というのはこれが影響していると言えるでしょう。

 

 

AV新法で仕事が減ったりしたときにするべきこととは

仕事が一時的に無くなってしまった、仕事が減った際には女優は副業で稼ぐという方法があります。

また、作品とは別の方法でファンを増やすチャンスでもあります。

ここではそれらの方法をいくつか紹介していきます。

 

ライブチャットに出演して稼ぐ

利用者が増えてきていることで、近年注目されている方法としてライブチャットがあります。

これはもともと素人の女性やアイドルなどが行っていたライブチャットにAV女優が本格的に進出したのです。

出演しているのがAV女優ですので、内容的にはかなり過激なものも多く、視聴者の人気を集めています。

こういったものを利用する際には利用料金が気になるところですが、最近では大手配信サイトのFANZAなどが運営しているサイトなどがあり、こういったところでは利用料金も安心の設定となっており、利用しやすくなっています。

やはりAV女優のライブチャットが人気となっている理由としては、人気女優の「ギリギリのエロ」を見ることができるということがあると言えるでしょう。

こうしてライブチャットに出演することで収入を得るAV女優も増えてきているのです。

 

また、AVの作品を見たことがなかった層についてもライブチャットを見ることでその女優のことを知るという場合があります。

そうして興味を持つことで、その後AV作品を見ようとするということがあるのです。

このように「ファンを増やす」という観点からもライブチャットは優れているといえます。

 

キャバクラ、風俗など

もともとAV女優の仕事と「相性が良い」とされているのが、キャバクラや風俗の仕事です。

AV女優の撮影の仕事は朝から夕方くらいにかけて行われることが多いのですが、キャバクラなどは夕方から夜がメインとなってきますので、重なりにくいということがあります。

風俗では自分が好きな勤務時間を選ぶことができるので、自分の都合の良い時に働きやすいというメリットもあります。

 

また、キャバクラや風俗店という店側からすると、そのAV女優は「現役AV女優」としてお店に出すことができるので高い集客効果が見込めることとなります。

AV女優としても「現役AV女優」という肩書きで指名などを取りやすいというメリットがあるので両方にメリットがあることとなります。

 

実際にAV女優専門のキャバクラや風俗店も存在しており、そこを利用すればAV女優に会えるという方式で人気店となっています。

コロナ禍で緊急事態宣言が出ている時などはキャバクラなどは営業しにくくなったことはありましたが、風俗店ではあまり影響はありませんでした。

こういった仕事はシフトにさえ入っていれば基本的に安定して収入を得ることができるため、AV女優の副業としては有名なものとなっています。

また、同様にAV女優を引退した女性が風俗やキャバクラで働くということも多くなっています。

 

握手会、撮影会などのイベントの仕事

こちらも比較的昔からあるAV女優の副業となっています。

握手会や撮影会はAVメーカーや所属しているプロダクションが主催して行うイベントです。

撮影会にはさまざまな種類のものがあり、下着、水着、女優の私服などのパターンがありますが、基本的にはヌードにはなりません。

そのため、AV女優も参加しやすいものとなっています。

 

支払われるギャラはどこが主催しているか、どれくらいのお客を集めたか、女優のランクや知名度はどれくらいかによって違ってくるのですが、まだそれほど有名ではない女優でも行いやすいイベントとなっているので参加しやすくなっています。

 

撮影会以外のイベントとしては握手会、サイン会、交流イベント、交流ツアーなどさまざまなイベントがありますが、すべてのイベントにギャラが出るというわけではないので注意が必要です。

サイン会や握手会などのイベントはAVの新作が発売されるタイミングで開かれることが多いのですが、この宣伝広告についてはAV出演のギャラに含まれる場合があるのです。

そうした契約の場合はサイン会などに出演してもギャラが別に出るわけではないということになります。

 

ただ、独立したイベントの場合はそれぞれにギャラが発生することがあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

地方のDVD店などを回っていくサイン会などは女優単独で行う場合もありますが、同じプロダクションの所属女優が複数で行う場合もあります。

こういったイベントはプロダクションの公式サイトなどでスケジュールが公開されており、地方のファンも参加しやすいものとなっています。

また、交流ツアーなどのイベントは開催される規模によってギャラが違ってくることとなっています。

ただ、イベントの内容によってはコロナ禍の間は開催されていないものもあるので、公式サイトなどでチェックしておくと良いでしょう。

 

こうしたイベントの仕事は撮影以外の収入となるだけでなく、新規ファンの獲得や既存ファンとの交流が見込めるものとなっているため、そうしたメリットもあります。

積極的にイベントに参加する方が人気が出やすいと言えるでしょう。

 

 

まとめ

AV新法はAV業界に大きな影響を与えています。

この法改正によって仕事量が減ったり、仕事の仕方が変わったという女優もいます。

そんな中でも仕事を増やしている女優もいますので、ぜひそういった女優を参考にすると良いでしょう。

AV女優も知っておきたい税金の知識。確定申告はどうする?02月12日

AV女優も知っておきたい税金の知識。確定申告はどうする?

AV女優という仕事はサラリーマンやOLとは違って、プロダクションの社員ではなく、「個人事業主」であるために税金については「確定申告」をする必要があります。

そこでここではAV女優が知っておきたい税金、確定申告というものについて紹介していきたいと思います。

 

AV女優の雇用形態、仕事上の立場とは

AV女優はプロダクションに所属して仕事をしているということが多いのですが、それは会社と社員という形態ではなく、個人事業主として業務を請け負っているという形態がほとんどです。

そのため女優はプロダクションの「社員」ではありません。

面接時に結ぶ契約も「雇用契約」ではなく、「マネジメント契約」であるのが一般的です。

 

社員であれば、税金に関しては会社の総務担当者、経理担当者がほとんど処理してくれることが多く、所得税などについても給与から天引きされており、あとは年末調整だけすれば良いということが多くなっています。

しかし個人事業主であるAV女優や風俗嬢などは違った納税形式となります。

ここで注意しなければならないのは「会社から給与をもらっているわけではないので納税しなくてもよい」というわけではないということです。

特に「バレなければよい」と考えている場合は危険です。

過去には収入があったにも関わらず、適切に納税していなかったために後で大変なことになったAV女優もいます。

このあたりがよくわからないという場合にはまずはプロダクションに相談しておく方が安心です。

そもそも1年間の所得の合計が一定以上あればサラリーマンであってもAV女優であっても納税の義務が発生するのです。

 

 

確定申告の仕方とは

AV女優の中には「納税の仕方がわからない」「確定申告の仕方がわからない」ということがあります。

こうした場合は税務署で相談、プロダクションに相談、弁護士や税理士に相談することでだいたいは解決していきます。

 

プロダクションによっては、提携している税理士を紹介してくれるという場合もあります。

どこに相談すればよいかわからないという場合にはまずはプロダクションに相談してみると良いでしょう。

税理士の中にはAV女優や風俗嬢に関する仕事を得意としている税理士もいますので、こうした税理士に依頼することができれば、すべてスムーズに進めてくれるでしょう。

ただ、こうした弁護士や税理士に依頼した場合は費用がかかってきますので、こうしたお金をかけたくないという場合には自分で確定申告をするということになります。

 

確定申告の仕方がわからないという場合は税務署に相談しながら進めていくこととなります。

この時、子どもがいて扶養しているという場合や、AVの必要経費などがある場合は控除を受けたりすることができますので、納税額を抑えることができる可能性もあります。

確定申告をすることで、その所得に応じて住民税の支払いが発生してきますので、そちらの支払いもしっかりとしていきましょう。

住民税を納税していないと、住んでいる地域の役所などから督促状などが送られてくることとなります。

そうした督促状などを無視していると「悪質だ」とみなされた場合には差し押さえなどが行われる場合もありますし、行政処分を受けるということもあります。

 

所得があって納税の義務が発生しているにも関わらず確定申告をしていないということとなると、結果的に余計に税金を支払う必要が出てくる可能性があります。

これは「無申告加算税」「延滞税」などが発生してくるためです。

「無申告加算税」とは確定申告をしなければならない期日までに手続きをしなかった場合、本来支払わなければならない税金に加えて、余計に支払わなければならない税金です。

この無申告加算税は納税額によって加算される割合が変わるもので、税務署から指摘を受ける前に申告すれば軽減されることもあります。

そのため、できるだけ早く手続きをして納税するということが重要となります。

 

「延滞税」とは定められている支払期日までに納税しなかった場合に発生する税金です。

延滞税は納付期限の翌日から実際に納税するまでの期間に定められた税率が課せられることとなりますので、こちらの場合も本来支払うべき金額よりも多く支払うということとなります。

過去に人気AV女優のもとに税務署の調査が入った際には、この延滞税が加算されたために高額な税金を支払うこととなりました。

 

 

確実に納税をする方が安心して仕事をすることができる

AV女優のうち、すべての女優が適切に納税をしているのかどうかはわかりません。

中には確定申告などをせずに無申告の女優もいるかもしれません。

しかし近年、マイナンバーなどの普及によって銀行口座の情報が知られやすくなっています。

こうなると無申告な状態などはバレる可能性が高くなります。

 

AV女優をしている中には「OL」「学生」「主婦」などできればAV女優の仕事をしているということを隠しておきたいという女性も多くいます。

こうした女性の中には仕事がバレる可能性があるから納税をしていないという女性もいますが、これは「納税をしない理由にはならない」ということは頭に入れておかなけばいけません。

後に税務署の調査などが入った場合には普通に納税している時よりも身バレや顔バレする可能性は高くなりますし、支払う税金も高額になってしまうことがあるのです。

最近ではインターネットなどを調べれば簡単に確定申告書の作り方などがわかるようになっています。

参考サイトなどを見ればすぐに作成できるものですので、期日までに手続きをするようにしましょう。

 

重要なのは「脱税」ではなく「節税」なのです。

個人事業主であるAV女優は色々なことを知っていれば「節税」できることがあります。

こうした知識をしっかり知った上で、節税していくことで納税額を抑えることができるようになるのです。

まず経費としてわかりやすいのは「交通費」です。

撮影をする際には集合場所まで電車やタクシーなどを使って移動することとなります。

こうした仕事のためにかかった交通費は当然経費として計上することができます。

そのため、タクシーの領収書やレシートといったものは捨てずに置いておきましょう。

 

他には「衣服代」も経費となる場合が多くあります。

撮影時に利用する衣装は当然ですが、仕事の際に集合場所に着ていった服なども仕事に必要だった服として認められることがあります。

そのため、こうした衣服を購入した時の領収書なども保管しておきましょう。

 

また、「通信費」というものがあります。

こちらは携帯電話やスマートフォンの費用です。

AVの仕事をする際にはプロダクションのマネージャーなどと連絡をすることが多くあります。

こうした場合は「仕事の連絡をするために使った」として判断されるので、通信費の一部が経費として計上できることがあります。

こういった経費を細かく計上していくことが納税する額を抑えることができるようになります。

こうして「節税」していくことが重要なのです。

 

 

まとめ

AV女優はプロダクションの社員ではなく、個人事業主として仕事をすることが多くなっています。

そのため会社が年末調整などを行ってくれるのではなく、自分で確定申告をする必要があります。

こうした確定申告を期日までに申告しなかったり、支払期日までに納税しなかったりすると納税額が加算されたりすることがありますので、しっかりと期日までに手続きをして納税するようにしましょう。

不明な点がある場合はプロダクションに相談したり、税務署に相談したりするのがおすすめです。

 

 

”受かる”AV女優の志望動機とは02月11日

”受かる”AV女優の志望動機とは

AV女優という職業は近年人気職業となってきています。

そのため、希望すれば誰でも必ずなれるというものではなく、狭き門になってきているという状況があります。

AV女優になるためにはプロダクションに所属する必要があり、仕事を得るためにはメーカー面接を受ける必要もあります。

こうした際の履歴書や面接シートには「志望動機」を書くことが多くあります。

そこでここではこれらの面接に「受かるための志望動機」について紹介していきたいと思います。

 

 

嘘は書かずに正直に書く

当たり前のことではありますが、こうした履歴書に嘘は書くべきではありません

悪質な嘘を書いた場合には「詐欺」「経歴詐称」などの罪に問われることもあります。

ただ、その志望動機や理由によってはあまり正直に書かない方が良いということもあります。

いくら本当だとしても、

多額の借金返済のため」

「無理やり仕事をさせられている」

「これしか仕事がなかった」

といった理由では良い印象を与えることにはならないでしょう。

昔はこうした理由でAV女優の仕事をしていた女性も多くいたかもしれませんが、AV女優が人気の職業となってきている現在ではこうした理由では面接に合格することができません。

 

逆に「目立ちたい」「有名になりたい」といった理由は素直に書いても問題ありません

実際にトップクラスの女優は一般のタレントやアイドルなどよりも知名度が高く、人気があるということも普通になってきています。

SNSでのフォロワーも数百万人単位の女優もいますし、自身のブランドを立ち上げているという女優もいます。

こうした人気女優になれば握手会やサイン会、トークショーなどを行えば多くの人が集まるということもありますし、歩いていれば一緒に写真を撮りたい、握手を求められる、サインを求められるということもあるでしょう。

このようにAV女優という仕事は、多くの人の注目を集めることができる仕事でもあります。

すでにそうして成功している女優を目標にして、自分もAV女優になりたいというのは立派な志望動機となります。

こうした理由であれば素直に書いて問題ないということになります。

 

 

目標としている女優がいる、その人のようにステップアップしていきたい

AV女優の中にはさまざまなメディアに出演して高い影響力を持った女優もいます。

そうした女優に憧れて、目標としているというのも立派な志望動機となります。

近年AV女優の中には幅広いジャンルで活躍する女優が増えてきています。

中には作家になったり、自身のブランドを立ち上げたり、SNSで多くのフォロワーを抱えているという女優も数多くいます。

そういった女優が握手会などのイベントを開催すると大勢の人を集めることができるという影響力も強くなっています。

さらにゲームアプリやパチンコ台などに出演していたり、有名You tuberとコラボしていたりすることも増えてきています。

こうした活動はAV業界だけでなく、幅広く知られることにもつながっています。

このようなAV女優に憧れて、自分もそうなりたいというのは志望動機として書くことができるものとなります。

 

ただ、ゆくゆくは女優、アイドル、タレントとして活動したいという人でも、その道に入っていきなり活躍できるかどうかはわかりません。

中には長くその業界にいたものの結局人気が出ることなく引退していくという人も多くいます。

近年AV女優はテレビ番組やネット番組に出演することも多くありますし、グラビアなどの仕事をするということもあります。

そのため、まずAV女優で知名度や人気を獲得した上で、その後アイドルやタレントとなるという方法もあるのです。

AV女優引退後にYou tubeなどで活動したり、タレントとして仕事をする人、作家となる人などさまざまな人たちがいるので、そういった道に進むためのステップとしてAV女優になるという方法もあります。

これも志望動機として書くことができるものとなります。

 

 

セックスが好きだ、得意だ、興味がある

色々な理由でAV女優を目指す人がいますが、やはり仕事の基本はカメラの前でセックスをするということになります。

そのため、根本的にセックスが嫌いである、興味がない、苦手でやりたくないという人には向いていません。

逆にセックスが好きである、興味がある、得意だという人には向いていると言えます。

また、AVの作品では相手は「プロの男優」がすることとなります。

一般の人とは違うセックスのテクニックを持っている人とセックスをすることとなりますので、それに挑戦してみたいという場合も志望動機となるでしょう。

中には専業主婦などで「セックスレス」の日々を送っているために「セックスをしたい」という理由で応募してくるという場合もあります。

こうした理由の時も素直に書くと良いでしょう。

 

 

多くのお金を稼ぎたい

AV女優を志望するもっとも多い理由として「お金を稼ぎたい」ということがあります。

その中には、

・借金を返したい

・生活費の足しにしたい

・本業だけではお金が足りない

・もっと自由に使えるお金がほしい

・効率的にお金を稼ぎたい

などさまざまなものがあります。

AV女優の仕事はうまく行えば効率的にお金を稼ぐことができる仕事です。

本業を持っている人が副業で行うということもありますし、短期間集中的に稼ぐということも可能です。

そうした理由の人からするとお金を稼ぐことができるAV女優の仕事は魅力的に映るのかもしれません。

 

 

キャバクラや風俗よりも安全に稼ぎたい

お金を稼ぐとすると風俗という考え方もありますが、AV女優という仕事は実はキャバクラや風俗よりも安全に稼ぐことができる仕事です。

例えば、「身バレのリスク」を考えると、一見AV女優の方が身バレしそうなイメージがありますが、企画女優として仕事をしているうちはそれほど注目されることもないため、身バレの可能性はそれほどありません

風俗の場合はもし知り合いがお客として目の前に現れた場合「別人だ」と逃げ切ることが難しいため、実は身バレリスクが高いということがあります。

 

もう一つは「性病」の問題です。

風俗の場合は相手が一般人のため、普段から性病検査などは行っておらず、性病に感染するリスクがあります。

しかしAVの場合はセックスの相手はプロの男優です。

AV業界では男優も女優も常に性病検査を行っており、検査を受けなければ作品に参加することはできません。

そのため、AV業界の方が安心ということがあります。

風俗よりも安全に稼ぐことができるというのも志望理由として挙げられています。

 

 

一時的な感情に任せた理由は避けた方が良い

AV女優の志望動機を色々と紹介していますが、重要なことは自分で決めて納得した上で応募するということです。

人に強制されて行うということや、一時的な感情で行うということはおすすめしません。

AV女優を志望する女性の中には「彼氏に振られたから」「ちょっとほしいものがあるから」といった一時的な理由で応募する人がいますが、こういった理由でAVの仕事をすると後悔することがあります。

AV女優としてデビューしてある程度仕事を続けていくことができている女優は、自分なりの志望動機をしっかりと持っている女優が多くなっています。

自分の志望動機を見つめなおし、AVの仕事をして「良かった」と思えるような気持ちで応募するのであれば問題ないでしょう。

 

 

まとめ

色々な理由や志望動機でAV女優を目指す人がいます

重要なのは自分が後悔しない理由であれば、どういった志望動機でも問題はないということとなります。

よく志望動機を見つめなおし、後悔のないように応募するようにしていきましょう。

 

AVの撮影はどのくらい時間がかかるの?02月10日

AVの撮影にかかる時間は、作品の種類や内容によって異なりますが、一般的には半日から1日半ほどの時間がかかるとされています。以下に、一般的なAVの撮影スケジュールを示します。


1. 準備(1時間)
2. 出演者やスタッフの打ち合わせ、撮影場所の設営や機材の準備、ヘアメイクや衣装のチェックなどが行われます。
3. セット撮影(3〜4時間)
4. セットでの撮影が行われます。ここでは、シーンの演出や出演者のアドリブなどが加えられ、撮影のバリエーションを増やします。
5. イメージ撮影(2〜3時間)
6. 撮影中に、商品化に向けたイメージ撮影も行われます。写真や動画を撮影し、商品パッケージや広告などに使われます。
7. アフターケア(1時間)
8. 出演者やスタッフの着替えや休憩、機材の撤収や片付けなどが行われます。
AVの撮影にかかる時間は、撮影する作品の内容や規模によって異なります。しかし、一般的には半日から1日半ほどの時間がかかるとされています。
撮影時間に関わる要素
AVの撮影にかかる時間は、以下のような要素によって影響を受けます。
1. 出演者の人数
2. 出演者の人数が多ければ、撮影にかかる時間も長くなります。また、人数が多ければ、演出やアドリブなどのやり取りも増え、撮影バリエーションも増やすことができます。
3. 撮影場所
4. 撮影場所が広ければ、セット撮影の時間も長くなります。また、撮影場所が変わる場合には、移動にも時間がかかります。
5. 撮影機材
6. AVの撮影には、様々な機材が必要です。撮影機材の数や種類によっては、設置や撤収に時間がかかる場合もあります。
7. 脚本の内容
8. 脚本の内容によって、撮影時間も変わってきます。例えば、セリフの多いシーンや、演技が必要なシーンがある場合には、撮影に時間がかかることがあります。
9. スタッフの技術力
10. スタッフの技術力によっても、撮影時間が変わってきます。スタッフが撮影や照明などの技術に長けていれば、撮影時間を短縮することができます。


AVの撮影にかかる時間は、上記の要素によって変わってきます。撮影に必要な人数や機材、脚本の内容などを考慮して、スケジュールを立てることが大切です。
まとめ
AVの撮影にかかる時間は、作品の種類や内容によって異なりますが、一般的には半日から1日半ほどの時間がかかるとされています。撮影時間に関わる要素として、出演者の人数、撮影場所、撮影機材、脚本の内容、スタッフの技術力などがあります。撮影に必要な要素を考慮して、スケジュールを立てることが重要です。

 

閉じる

Wish Promotion

ここから先は「AV女優の求人情報紹介」のページになります。
上記を理解した上で、自らの意思に基づき、サイトを閲覧するものとします。