AV女優モデルの募集・求人「Wish Promotion」 AV業界ブログ

AV業界ブログblog

年収1,000万円を超えるAV女優はどれくらいいる?年収1,000万円を目指すには10月30日

年収1,000万円を超えるAV女優はどれくらいいる?年収1,000万円を目指すには

昔からトップクラスのAV女優はかなり高額な収入を得ているというイメージが持たれています。

では実際に年収で1000万円を超えているような女優はどれくらいいるのでしょうか。

また、年収1000万円を超えるためにはどういったことをすればよいのでしょうか。

ここでは年収でトップクラスとされている女優と、その収入の種類などについて紹介していきたいと思います。

 

どうやってAV女優のギャラが決まっていくのか

AV女優はみんなが同じランクというわけではなく、その中には「単体女優」「企画単体女優」「単体女優」というランクがあります。

1万人いると言われているAV女優はそれぞれのランクに分けられているのです。

ランクごとのそれぞれの収入例を見ていくと、

 

・単体女優・・・メーカーと専属契約をして作品に単体で出演する女優です。

月に12本程度の撮影で、1本のギャラは50100万円前後となります。

その中でも特に知名度の高いトップクラスの女優はギャラが300万円前後にもなることがあり、テレビやネット番組などに出演したりすることもあります。

 

他にもYouTuberとのコラボやゲーム、パチンコなどに出演することもあり、撮影会や握手会などのイベントが開かれることも多くなっています。

さらに近年ではTwitterInstagramなどで100万人以上のフォロワーを抱えている女優も増えてきており、アパレルや美容のブランドを立ち上げている女優もいます。

そのため高い年収と言えば、やはり単体女優と考えることが一般的です。

しかし全体でいうと単体女優はわずか数%程度しかいないという狭き門でもあります。

 

 ・企画単体女優・・・メーカーと専属の契約はせずに単体で作品に出演している女優です。

作品の1本のギャラは3050万円ほどとなっていますが、作品の出演数に制限がないので、女優によっては数多くの作品に出演することで単体女優よりも稼ぐ場合もあります。

月に数十本の作品に出演し、年間に100本以上の作品に出演することもあり、合計収入では単体女優よりも稼ぐことがあります。

 

人気女優だった上原亜衣などは企画単体女優として仕事をしており、年間200本以上の作品に出演し、年収が数千万円以上に達したと言われています。

 

彼女は5年間の活動期間で1000本以上の作品に出演していることからも、この間に3億円前後は稼いでいると言われています。

こうなると生涯年収としても通用するレベルで稼いでいると言えるでしょう。

ただ、彼女ほどの女優はほんの一部ですので、なかなか基準としては考えづらくなっています。

 

・企画女優・・・現在AV女優の90%以上がこれに当たります。

複数の女優で一つの作品に出演することが多く、女優名がついていない女優もいます。

1本のギャラは310万円ほどのものが多く、他に本業があったり、他の仕事と兼業で行っている女優がほとんどです。

そのため、学生や主婦、OLなどの本業が別にあって、副業としてAV女優をしているということも多くなっています。

このランクの女優は一般の仕事をしている人とそこまで変わらない年収とも言えるかもしれません。

 

年収1000万円以上でトップクラスに稼いでいるとされている女優とは

近年ではDVDの販売やレンタルが中心で、億単位の収入の女優が多かったと言われる20年ほど前と比べるとAV女優のギャラは下がってきていると言われています。

ただ、SNSや自身のブランド、他の媒体とのコラボなどで多くの収入を稼ぐ女優も増えてきていますので、他の方法で収入を上げているという女優が増えているのも事実です。

ここではそれらを踏まえて紹介していきます。

 

深田えいみ

「次世代の明日花キララ」と評判が高いのが深田えいみです。

その圧倒的なルックス、スタイルで人気となった彼女ですが、頭の回転の速さからTwitterなどでの「リプ返し」が話題となったことでも知られています。

フォロワーからの質問などに面白く返信をしていくことでさらに人気を高めており、今では「大喜利AV女優」と呼ばれることもあります。

Twitterのフォロワー数が265万人、Instagram135万人、またYoutubeは登録者数113万人(再生回数29000万回)という爆発的な人気を誇っていることがわかります。

 

そうした副収入が多い彼女は今まさにトップクラスの収入を得ている女優とも言えます。

AVの本業だけで数千万円、それに副収入を入れると1億を超えるとされています。

近年1億を超える女優は数少なくなってきているので、こういった女優は貴重だと言えるでしょう。

 

三上悠亜

AVを見る人であれば知らない人はいないほどのトップクラスの有名女優です。

もともとはアイドルグループSKE48のメンバーでしたが、脱退後にAV女優としてデビューし、あっという間に大人気女優となった彼女です。

Twitterのフォロワーが150万人を超えており、男性女性を問わずファンが多いという特徴があります。

彼女のSNSも「美容」「ファッション」に関する掲載が多く、女性からの支持を集める要素となっています。

もちろん「エッチな自撮り」の画像も多く掲載されており、男性からの支持もしっかりとしたものとなっています。

 

彼女の収入はかなり不明な部分が多くなっています。

本業のAV作品では現役女優の中でもトップクラスの単価の高さが予想されるものの、出演本数がそれほど多くないという状況になっています。

しかしそれに対してYou tubeなどのSNS、アパレルブランドのプロデュースなどの副業が非常に多くなっています。

さまざまな方面でプロデュースなどを行っているため、その部分の収入が読みにくくなっています。

それでも年収5000万円以上は確実とされており、副業の割合によっては1億前後まで達している可能性もあります。

 

 

美谷朱里

こちらは上記の2名と大きく違った稼ぎ方となっています。

彼女は2017年にデビューしたばかりです。

しかしすぐに人気女優となり、企画単体女優として年間100本以上の作品に出演するようになっていきます。

こうして人気と知名度を上げていくと、「FANZAアダルトアワード」などのタイトルも次々ととっていきます。

すると2020年からは大手AVメーカー「本中」「ダスッ!」の2社と専属契約をするようになっていきます。

2社と専属契約をする女優はかなり稀であり、彼女の人気がうかがえます。

彼女は基本的にAVの本業だけで収入を得ていますので、比較的計算はしやすく、年収は5000万円前後と予想されます。

もし彼女がSNSや自身のブランド立ち上げなどを行えばさらに上位にくる可能性もあると言えるでしょう。

 

神宮寺ナオ

こちらも2017年にAVデビューをした女優です。

2018年ごろには人気の企画単体女優として活躍しており、多くの作品に出演していました。

2019年からは大手AVメーカー「マドンナ」「本中」の2社とW専属契約をしています。

2020年からは「マドンナ」「ムーディーズ」とのW専属契約となっており、美谷朱里と同様にAV業界でも珍しいW専属契約の女優となっています。

ちなみにこの2人は同じクルーズグループの事務所に所属しており、この事務所には人気女優の山岸逢花や河北彩花が所属していることでも知られています。

彼女もAVでの収入がメインとなっており、年収は40005000万円と予想されています。

 

木下ひまり

最後に紹介するのは「木下ひまり」です。

20212022年、もっとも勢いがある企画単体女優として知られています。

2021年には130本もの作品に出演しており、その人気の高さがわかります。企画単体女優なので単価自体は単体女優よりも低いのですが、その圧倒的な出演本数で大きく収入を伸ばしています。

1本のギャラを30万円ほどとしても130本に出演すれば4000万円近い年収となります。

専属契約をしている単体女優などは年間1030本程度の出演となりますので、その本数の違いが大きく影響していると言えます。

これからさらに人気が高まることが予想されている女優ですので要注目だと言えるでしょう。

 

 

まとめ

AVのギャラが昔よりも下がってきていると言われてきているAV業界ですが、仕事の種類、稼ぎ方の種類が増えてきているということもあって、年収1000万円以上稼いでいる女優も数多くいると言われています。

SNSなどの媒体や自身のブランドプロデュース、配信などによっていろいろな方法で「稼ぐ」ことが可能となってきているのです。

AV女優はスポーツ選手と出会いやすいって本当?10月30日

 

 

AV女優が芸能人、アイドル、タレントなどと交際が発覚するということがたまにありますが、それはアスリートについても同様です。

中には日本を代表するようなアスリートと噂になった女優も多くいます。

そこでここでは本当にAV女優はスポーツ選手と出会いやすいのか、どういったスポーツ選手と噂になっているのかということについて紹介していきたいと思います。

 

1.芸能人にもアスリートにもAVのファンが多い

まず基本的なことですが、芸能人やアスリートの中にはAVのファンが多く、それを公言している芸能人も多くいます

もちろん公言していなくても実はファンだという人も多いでしょう。

最近ではAV女優が「おねがいマスカットシリーズ」「ゴッドタン」などの人気番組やネット番組などに出演することも増えてきており、そういった接点があって直接AV女優と会うという機会も増えています。

こういったことを考えればAV女優は確かに芸能人やスポーツ選手と出会いやすいと言えるのかもしれません。

 

 

2.実際にスポーツ選手と噂になったAV女優とは

実際にAV女優と交際の噂があったスポーツ選手は数多くいます。

その中にはオリンピックメダリストやメジャーリーガーとして活躍したトップアスリートもいます。

ここではそういったアスリートと噂になった女優を合わせて紹介していきます。

 

2-1.萩原舞

噂の相手:北島康介(水泳)

生年月日:1982322

身長:153 cm

スリーサイズ:845784 cmEカップ)

出身地:大阪府

 

萩原舞はお菓子系雑誌でグラビアデビューしたのち、モデルとして活躍していましたが、その後にヘアヌードグラビアを撮ってヌードモデルとして仕事をしていきます。

2004年にAVデビューし、単体女優として活躍し、5年間活動して引退しました。

その相手として噂になったのが2004年アテネオリンピック、2008年北京オリンピックの水泳協議連続金メダルをとった北島康介です。

 

この二人が噂になったのが20043月発売の「FLASH EXCITINGです。

この時期と言えば、萩原舞がAVデビューをした年でもあり、北島康介がオリンピックで1つ目の金メダルをとった年でもあります。

この雑誌では北島康介が萩原舞を抱き寄せてほっぺたにキスをしている写真が掲載されました。

この写真はプリクラのようだと言われたのですが、二人の親密度がよくわかる写真として評判になりました。

北島康介はこの関係について一切にコメントを出しておらず、正式に交際を認めることはなかったのですが、一時期交際していたのは間違いないのではないかと言われています。

 

2-2.Rio柚木ティナ

噂の相手:小林可夢偉(F1レーサー)

生年月日:19861029

身長:154 cm

スリーサイズ:845883 cmCカップ)

出身地:東京都

 

こちらは柚木ティナとしてデビューし、「Rio」に改名して爆発的な人気を誇ったレジェンド女優です。

「おねがいマスカットシリーズ」にも長く出演しており、吉沢明歩や蒼井そらなどと一緒にエースとして活躍しました。

彼女のファンだと公言している芸能人は非常に多く、幅広い人気を誇っていたことがわかります。

2016年にAV業界を引退してからはタレントとして活躍しています。

 

そんなレジェンド女優と噂になったアスリートは2012年、F1日本GP3位表彰台を獲得、耐久に転身後の2019年、2020年のデイトナ24時間、2021年のル・マン24時間で総合優勝を果たすといった活躍を見せているレーシングドライバーである小林可夢偉です。

小林可夢偉は「あびる優」と交際中に黒木メイサと温泉旅行にいったところをスクープされたようにとにかく浮いた噂が多いアスリートでもありました。

そんな中、2014年5月にRioとの交際がスクープされたのです。

 

Rioとはキスしている姿、六本木での腕組みデートなどがスカウトされており、その目撃情報の数が多かったことから、かなり頻繁にデートをしていたことがわかります。

 

2-3.横山美雪

噂の相手:ダルビッシュ有(野球)

生年月日:19891115

身長:156 cm

スリーサイズ:825688 cmCカップ)

出身地:東京都

 

横山美雪はkawaii*専属でデビューしており、色白の肌、整った顔立ちで人気となった女優です。

AV女優として活躍するだけでなく、テレビドラマ「闇金ウシジマくん」出演したり、恵比寿マスカッツのメンバーとしても活躍していました。

 

そんな彼女と噂になったのがメジャーリーガーとしても大活躍のダルビッシュ有です。

ダルビッシュ有は非常にこういった噂が多いアスリートでもあります。

ダルビッシュ有は2007~2012年はタレントの紗栄子と結婚をしており、離婚後に女子プロゴルフの古閑美保さんとの半同棲生活が噂されていた中、二股疑惑としてスクープされたのが横山美雪です。

このスクープは2013年6月のことでした。

また、このころにはレジェンドAV女優である明日花キララとの交際報道も出ています。

その後、2015年に山本KID徳郁の妹で女子レスリング選手の山本聖子との間に子どもができており、2016年に結婚をしています。

このようにかなり派手な女性関係の中、有名なAV女優が複数名入っているのは興味深いところです。

 

 

3.その他の有名人と噂のあったAV女優

アスリートとの噂も多いのですが、アイドルやタレント、お笑い芸人との噂も多くでています。

ここではそれらを簡単に紹介していきます。

 

3-1.ジャニーズタレント編

・嵐 松本潤

女優の井上真央と交際の噂があった松本潤ですが、彼には「葵つかさ」との交際報道もありました。

葵つかさとの交際は4年にもわたると言われており、かなりの期間を二股交際していたこととなります。

 

・嵐 大野智

同じく嵐の大野智は「吉野公佳」との交際報道がありました。

フライデーに2008年にスクープされたもので、熱愛報道がされましたが、この報道がきっかけとなって破局したとも言われています。

また、このスクープの時点では吉野公佳はAV女優ではなく、グラビアアイドルだったようです。

 

・V6  森田剛

現在は女優の宮沢りえと結婚した森田剛ですが、2014年には「美雪ありす」との交際報道がありました。

1年以上の交際期間があったとされ、半同棲状態にもなったようですが、後に破局しました。

 

・NEWS 手越祐也

芸能界の中でもプレイボーイと言われる手越祐也と噂になったのは、元SKE48のAV女優・鬼頭桃菜、現在の「三上悠亜」です。

こうした噂もあって鬼頭桃菜はSKEを脱退、AV女優としてデビューすることとなりました。

 

・Hey! Say!Jump! 伊野尾慧

伊野尾慧と噂になったのは「明日花キララ」です。

シンガポールでデートしている姿がスクープされ、話題となりました。

ただ、この交際については両方が交際を否定しています。

 

3-2.お笑い芸人編

・陣内智則

バラエティ番組で活躍する陣内智則は2003年ごろに「及川奈央」と噂になりました。

まだ陣内智則がブレイクする前ということもあって及川奈央がリードする関係だったようです。

その後、自然消滅的に破局し、陣内智則は女優の藤原紀香と結婚、離婚、女子アナウンサーと結婚という流れとなっていきます。

 

・おぎやはぎ 小木博明

こちらは2006年に歌手の森山良子の娘と結婚した芸人です。

噂となったのは結婚の翌年、相手は「宝月ひかる」でした。

ただ、小木博明は「マスカットシリーズ」のMCを長く続けており、AV女優にも知り合いや友人が多いということもあり、「友人」であった可能性もあるとされています。

本人も「前からの友人だった」と言っています。

 

・東京ダイナマイト ハチミツ二郎

こちらはかなり広く知られている交際です。

レジェンド女優として有名な「蒼井そら」と2007年に交際が明らかになりました。

テレビ番組でも公表していた二人ですが、2009年に破局したとされています。

ただ、ブログ内で「彼女には許せないことがありオレには譲れないものがある。たくさんたくさんありがとう。さよなら。オレよりしあわせになってくれ!」とハチミツ二郎が述べていることからも円満な破局であったとされています。

 

 

まとめ

AV女優はその仕事の関係上、アイドルやタレント、アスリートなどと出会う機会があり、交際の噂が出ることも多くあります。

そこにはもともとAVファンである男性が多いことも関係していると言えるでしょう。

 

 

 

AV撮影の現場でスタッフさんと仲良くなるには10月29日

どういった仕事でも同様ですが、AV業界でもスムーズに仕事をしていくためには「現場のスタッフと仲良くなる」ということが重要です。

AV現場のスタッフと言えば、監督、カメラマン、スタイリスト、メイクなどがそれに当たります。

こうした人たちと良い関係が築けないと長く仕事を続けていくことは難しいと言えます。

そこでここではスタッフと仲良くしていく際に気をつけていくことについて紹介をしていきたいと思います。

 

1.当たり前だがAV業界では信頼関係が重要である

AV業界においても仕事で関わる人たちと信頼関係を築いていくということはとても重要だと言えます。

女優として人気が出ていく、長く仕事を続けていくためには作品で評価されたり、ファンを獲得していくことが必要となりますが、仕事の依頼を出すのも、一緒に仕事をしていくのも業界の関係者です。

メーカーの人と関係が築けない、プロダクションの人と良好な関係が築けない、現場のスタッフに嫌われるということをしていては、いくら人気があっても仕事を続けていくことは難しくなります。

特に「長く仕事をしていきたい」「多くの仕事をしていきたい」という場合には人間関係、信頼関係が重要だと言えるでしょう。

 

 

2.仕事の関係者と信頼関係を築いていくためには

メーカーの人、プロダクションの人、現場スタッフと仲良くなるのはそれほど難しいことではありません。

ただ、「礼儀正しい」「素直で謙虚である」「筋を通して仕事をする」ということができればそれだけで充分だと言えます。

これはAV業界に限らず、他の仕事でも同様のことだと言えます。

「挨拶をする」「自分勝手な行動をとらない」「約束事を守る」ということをしていれば自然と関係を築いていきます。

逆にしてはいけないのは、

・ドタキャンをする

・遅刻が多い

・挨拶をしない

・自分の都合ばかり主張する

といったことです。

特にAVの撮影はチームで行いますので、遅刻やドタキャンは大きく迷惑をかけることとなります。

こうした不誠実な行動をとっている女優は「また仕事を依頼しよう」ということにならないので、すぐに消えていくこととなるでしょう。

「誠実に仕事をする」ということが重要なのです。

 

 

3.スタッフと仲良くなって仕事を長く続けていくのには挑戦していく姿勢も重要

スタッフに対して礼儀正しくすることはもちろん重要ですが、それだけをしていれば良いというわけではありません。

その他にも行っていくと良いことは色々とあります。

 

例えば、10年以上AV女優を続けていた有名な女優に吉沢明歩がいます。

彼女は16年にもわたって単体女優としてトップ女優として君臨し続けました。

もちろんAV作品での演技が評価されたということもありますが、彼女の特徴として色々なことに挑戦していったということがあります。

 

テレビで人気シリーズとなった「マスカットシリーズ」でも第1弾となる「お願い!マスカット」の初期メンバーとして参加しており、第1部シリーズのすべてで最前線で活躍していました。

この番組内でも彼女は色々なコーナーに参加しており、多くのキャラも作り出しています。

また、引退した現在でもSNSで人気となっており、次々と新しいことに挑戦していくという姿勢が見えます。

 

AV女優という仕事を長く続けていくためには、同じことを受け身でやっていてはいけません。

自分がしたことのない仕事、イベント、SNSなどでもどんどん挑戦していくという姿勢が結果的に長くAV女優を続けるということにつながっていくのです。

何かチャンスがあれば積極的に挑戦していくという姿勢を持つように心がけておくと良いでしょう。

 

現在であれば、撮影会や握手会、サイン会などのイベントもありますし、ライブチャットなどの配信コンテンツもあります。

これらにまだ挑戦していないという場合はぜひ挑戦してみましょう。

こうした「新しいことに挑戦していく姿勢」というのは、周囲からすると好意的に見てもらえることが多くあります。

中には「挑戦しているあの女優を応援したい」というスタッフでも出てくるでしょう。

 

 

4.AV作品でも色々なプレイやジャンルに挑戦する

AV作品には色々なジャンル、プレイがあります。

そしてAV女優やプロダクションは基本的には女優が希望するジャンルを優先して出演をしていくこととなります。

逆にやりたくないプレイなどは「NG項目」ということにして設定しておくことで避けることも可能です。

こうしてNG項目に設定しておけば、そのプレイが関係するAV作品には出演しないようになるのですが、このNGが多ければ多いほど、それだけ出演する機会は減るということになります。

特に多くの女優がNG項目に設定している「レズビアン」「スカトロ」「レイプ」「乱交」「ハードSM」「アナル」などについては自分が参加できるというだけで、それだけ作品に出演するチャンスは多くなることとなります。

また、こうしたプレイの作品は他の作品よりもギャラが高く設定されていることが多く、収入面でも安定が期待できます。

 

長くAV作品に出演していく、色々な仕事に出演していくためには、こうしたプレイの幅を広げるということも重要となります

実際にある程度の期間、作品に出演している女優が「解禁!○○」というタイトルで作品に出演することがあります。

これはその段階でNG項目から外したということが考えられます。

このようにプレイの幅を広げることで安定して仕事をしていくという方法もあるのです。

また、現場のスタッフからも色々なジャンルに挑戦する女優というのは仕事の幅も広くなるので使いやすいということになります

これも重要なことだと言えるでしょう。

 

 

5.AV女優として高い意識を持っている

現場のスタッフと仲良くする、仕事を良好な関係でしていくということについては年齢やAV女優歴は関係ありません。

たしかに以前はAV女優というと「若いうちだけ」というイメージが強くありました。

そのため、ある程度の年齢になると引退していくということが多く、活動期間が長くならない理由にもなっていました。

しかし、最近では「熟女」というジャンルが非常に人気となっているという現状があります。

 

AVには「巨乳」「女子校生」「ギャル」などのジャンルが細かく分かれています。

これらは比較的安定してずっと人気のあるジャンルですが、そこに最近「熟女」が加わってきたのです。

30代、40代、50代などさまざまな年齢の女優が熟女系、人妻系の作品に出演しており、それらが非常に人気となっています。

ただ、どんな年齢のジャンルがあるといっても、やはりAV女優ですので「美しい」ということが基本となります。

これは単純に若いから美しい、肌が綺麗といったことではなく、年齢を重ねていくにつれて成熟した美しさに変化していくという過程も含めるものです。

 

AV女優という仕事は「見られる」仕事です。

そういったことを意識している女優は、

・暴飲暴食をしない

・睡眠不足にならない

・適度なトレーニングをしている

・美容エステに通っている

などさまざまな取り組みを行っています。

こうした努力を続けることで、「美しさ」を保つことができ、AVの仕事も長く続けていくということが可能となるのです。

こうしたAV女優としての意識を高く持って仕事をしている女優であれば、現場スタッフも好意的に見てくれることが多くなります。

 

 

まとめ

AV業界でAV女優の仕事をしていくためにはプロダクション、メーカーの人たちだけでなく、現場スタッフと仲良くなるというのは非常に重要なことです。

「礼儀正しく」「自分勝手な主張をしない」「時間や約束は守る」「挨拶をしっかりする」といった基本的なことから「仕事の行い方」「AV女優としての意識」といったことに注意していれば、それが仕事につながっていくのです。

 

AV新法でAV女優の撮影内容は変わった?変わってない?10月29日

AV新法でAV女優の撮影内容は変わった?変わってない?

近年AV業界に大きな影響を与えたのが「AV新法」と呼ばれるものです。

これは成人年齢が18歳に引き下げられたことや強制的にAVに出演させるというトラブルがあったことが関係していると言われています。

ではこのAV新法の何が業界内で問題視されているのでしょうか。

また、これによって撮影内容は変わったのでしょうか。

ここではそれらについて合わせて紹介していきたいと思います。

 

AV新法でも重視された「年齢に関しての規則とは

日本の法律では成人年齢が変更する以前までは「20歳」が成人年齢とされていました。

それが「18歳」が成人というものに変わったことによってAV業界でもデビューできる年齢が変わったりするという変化はあったのでしょうか。

 

これは結論から言えば「変わっていません」。

20歳が成人年齢だった時から、AV女優になるための条件は基本的に1つです。

18歳以上で高校生ではないこと

ということです。

これは18歳が成人になる以前も以降も変わっていない原則です。

つまり今までも18歳の女性はAV女優になることができていたのです。

 

AVの作品はさまざまなジャンルに分かれています。

ギャル、巨乳、人妻、熟女、素人など色々なジャンルに細かく分かれていることで、幅広い趣味嗜好に対応しているのです。

それらのジャンルの中には「女子高生」もの「妹系」「ロリ系」いった、一見18歳未満のように女性が振る舞っているジャンルがありますが、そういった作品に出演している女優ももちろん18歳以上の女性であり、現役の女子高生ではありません。

単純に若く見える、幼い顔立ちをしている、制服が似合っているといった女優を使うことで、それらしく見せているというだけです。

そのため作品には「女子校生」というあいまいな表現を使ったりしていることもあります。

 

現在は「風営法」や「青少年保護条例」などの法規則によって、AVや風俗などで働く女性の年齢制限が厳しくなっています。

こうした制度がしっかりと確立され、普及してくる以前では、本物の女子高生などをAVに出演させていたこともあったようですが、現在そういった年齢違反が判明した場合には作成に関係したメーカーや制作会社、プロダクションは行政処分を受けて、重い罰則が課せられるため、年齢は面接時などにも最優先で順守される項目となっています。

 

そのため、プロダクションで行われる面接などでは、顔写真付きの身分証などを女性に提示させることで、しっかりとした年齢確認が行われます。

プロダクションによっては20歳を超えていないと所属できないというところもあるほどです。

 

こういった年齢制限はAV女優や風俗嬢などではもはや常識となっており、その地域の条例によっては風俗嬢は20歳以上と定められている場合もあります。

現役の高校生が働けないというのは社会通念上禁止とされているもので、通っている学校の校則に引っかかる、停学や退学につながるということが懸念されるためだとされています。

 

また、身分証の詐称などは行うことはできません。

他人の身分証などを提示して年齢詐称を行うものに対しては悪質と判断されると本人も罰則を受ける場合があります。

もしこういった身分確認を適当に行って18歳未満や現役の高校生を働かせるプロダクションや風俗店があると非常に危険なところだと言えます。

 

AV業界ではこの「18歳」というのがラインになっているため、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられても大きな変化はありません

 

 

AV新法とは何なのか

具体的にAV新法とはAV出演被害防止・救済法案」のことを意味しています。

これは20224月から成人年齢が18歳に引き下げられたことを受けて、18歳、19歳の女性が

不利な条件によってAVへの出演契約を結ぶ危険性があることから議論が本格化したものです。

上記のように、これまでも18歳以上であればAVに出演することができたのですが、20歳未満が未成年とされていた時は「未成年者取消権」によって一定の保護を受けていたという事実があります。

「未成年者取消権」とは、親の同意がないまま未成年者がおこなった契約を取り消せる権利であり、民法により定められている権利です。

この権利によって1819歳の未成年が、意に沿わなかったり十分に理解がないままAVに出演しても、この「未成年者取消権」に基づいて販売・流通停止などが可能となっていたという経緯があります。

 

しかし18歳が成人年齢になると、18歳、19歳には未成年者取消権が無くなるということとなります。

これについて18歳、19歳の人が、お金に困っているなどの理由などでアダルトビデオの出演契約を締結してしまった場合に未成年者取消権が行使できず、契約を解除することは難しくなるという意見が出されました。

 

これに対して、AV業界の健全化などに取り組むAV人権倫理機構はメーカーやプロダクションなどに対して、出演年齢を20歳以上とする推奨を通達しました。

ただ、AV人権倫理機構には加盟していない事業者も存在しているだけでなく、最近ではアダルト動画サイトなどで自主的に配信をおこなう人も増えてきています。

そのため、業界全体に及ぶような包括的な対策が求められました。

 

そうして20223月、支援団体らが包括的な法整備を訴え、411日に与党・自民党側もAV出演強要問題に向けたプロジェクトチームを設置しました。

同月中には、与野党によって足並みを揃えた取り組みも始まっています。

ここでは問題意識も「成人年齢の引き下げ」に留まらず、より広い「AV出演強要の被害防止」に置かれたことで、年齢・性別を問わない対策の必要性などが確認されました。

こうして511日には法案が示され、その後1213日にかけて修正案が示され、615日に成立することとなったのです。

 

 

AV新法の内容とは

この法案の主な部分について紹介していきます。

 

・出演者に対して性行為を強制してはならない(第3条)

・出演者の年齢・性別にかかわらず、映像の公表から1年間(施行当初は2年間)は無条件・違約金など無しで、契約を解除できる。(第13条)

・契約解除の場合、制作・公表者が商品を回収するといった原状回復の義務を負う。(第16条)

 

また事業者に対しては罰則なども定められ、実効性を高める規定も盛り込まれています。

・制作・公表者は、契約時に撮影で求められる性行為の内容などを記した書面を渡したり、出演者が特定される可能性などを説明する義務を負う。(第4-6条)

・虚偽の説明をおこなったり、契約解除を防ぐため脅した場合、事業者は3年以下の懲役または300万円以下の罰金を課せられる他、法人の場合は1億円以下の罰金。(第20-22条)

 

さらに出演者を保護する規定として、

・撮影は、契約書などの提供から1か月経過後におこなわれる。(第7条)

・作品の公表は撮影から4カ月を経ておこなわれ、撮影後には出演者に映像確認をおこなう必要がある。(第9条)

といったものがあります。

 

 

AV作品の撮影内容について変化はあったのか

続けてAVを見ている人であればわかるかもしれませんが、AV新法が出てからも作品の撮影内容については「特に変化はありません」。

AV新法は出演に関しての契約や撮影終了後の作品の発表に関しての規則が記されている法律となっており、作品の撮影内容については基本的に触れられていません。

そのため、撮影内容については特に変わっていないということが言えるのです。

 

 

まとめ

AV新法は女優の出演や撮影終了後の作品の取り扱いなどについて大きな影響を与えた法律です。

しかし作品の撮影内容については大きく触れていることはないので、撮影内容が大きく変わったということはないのです。

 

今受けているAV女優は美女顔?美少女顔?ロリ顔?10月26日

AV女優の中にはアイドルやタレントなどに劣らないルックスの持ち主が数多くいます。

ただ、そうした人気の女優も顔立ちにも流行りがあり、「美女」「美少女」などさまざまなパターンがあります。

そこでここでは最近人気となっている女優の「顔」に注目して紹介していきたいと思います。

 

園田みおん

こちらは圧倒的に「美人」として評価されている女優です。

2015年にエスワンから専属デビューをしたのですが、そのきっかけも週プレで行われたTwitterフォロワーが千人越えたらヌード披露」という企画において、たったの1日でフォロワー千人を達成したということです。

そしてその約束通りに週プレでフルヌードを公開し、その2ヶ月後にAV女優としてデビューしました。

あまりにもスムーズなAVデビューに、デビューが前提であったと言われることもありましたが、そういった噂を吹き飛ばすほどの活躍を見せていくこととなります。

 

デビューした時点ではまだ19歳でしたが、すでに顔立ちや雰囲気は大人っぽくエロいものでした。

そのため、「妖艶な美女」という言葉が似合う女優となったのです。

さらにその顔立ちだけでなく、細いウエストにGカップの巨乳という抜群のスタイルも大きな武器となりました。

そういった部分がさらにセクシーさを向上させているとも言えます。

 

天使もえ

こうしたAV女優のルックス面で女優を紹介する際には常にランクインしてくる女優です。

顔は小さく、目が大きいという正統派の「美人」だと言われています。

2014年にエスワン専属でデビューしているため、すでに年齢はアラサーとなっていますが、まったく年齢を感じさせない若々しさがあります。

ファン投票などでも上位に来ていることからもわかるように、ファンからの支持が厚い女優だと言えます。

 

彼女は顔立ちが整っているだけでなく、演技力が高いということも評判となっています。

高い演技力のためにドラマパートが自然な流れで進むことが多く、どのような役柄でもスムーズに演じることができています。

そういった意味ではルックスだけでなく、総合的な面で上位にランクインしている女優だと言えるかもしれません。

 

三上悠亜

よくAV女優の中でも「アイドルレベルにかわいい」という言い方をすることがありますが、こちらの三上悠亜は2009年から2014年まで人気アイドルグループのSKE48のメンバーとして活躍していた本物のアイドルです。

そのため、まさに文句なく「アイドルレベルにかわいい」と言える女優なのです。

その顔立ちはまさに「整っている」と言えるもので、正統派の美人だと言えます。

 

また、アイドルをしていたということもあってスタイルも抜群です。

しっかりとしたくびれに巨乳でもあるということもあって総合的なルックスが優れていると言えるのです。

さらに彼女の場合はフェラの技術が高い、喘ぎ声がいやらしいといった他の点も評価が高いというおまけつきです。

顔立ちもスタイルも技術もすべての面で高く評価されていることが彼女をトップクラスの女優という位置づけにしていると言えます。

 

楓カレン

こちらは2018年にアイデアポケットから専属女優としてデビューした女優です。

こちらは「ハーフ系美女」といった顔立ちで、タレントの「ローラに似ている」と言われることもあります。

そうしたハーフ系美女の顔立ちに加えて、「アニメ声での喘ぎ声」「くびれたウエスト」「Dカップの巨乳」など他の要素もポイントが高い女優でもあります。

色々な役を演じることが多いのですが、特におすすめなのは男優に責められることが多い作品です。

感じやすい体質なのか男優に責められると、かわいらしい声で喘ぎ声を出しながら気持ちよさに整った顔立ちを我慢させているのが非常にポイントの高いものとなっています。

「ハーフ顔系美女」が好きな人であれば外せない女優だと言えるでしょう。

 

七沢みあ

こちらは2017年にムーディーズから専属デビューした女優です。

とにかく顔立ちが整っていることが評判となっており、純粋に顔立ちの綺麗さで歴代の女優たちの中でもトップクラスだと言われています。

その顔立ちは「清楚系」「妹系」「小悪魔系」などさまざまな表現がされており、見方によってさらに魅力が高くなるという女優です。

彼女はTwitterをしているのですが、そこにはよく自撮り画像が掲載されています。

こうした近距離での自撮り画像などでは顔立ちを隠せないため、そのポテンシャルがそのまま出やすいのですが、こういった自撮り画像でも文句なくかわいいという画像を多く載せています。

単純に文句なく「かわいい」と言える女優です。

 

波多野結衣

こちらはすでにデビューしてかなりの本数の作品に出演しているベテラン女優です。

現在もなおトップクラスの女優として活躍しており、「人妻」「熟女」「上司」といった役柄で多く出演しています。

人妻系の女優が売り上げランキングなどで上位に頻繁にくるというのは珍しいのですが、彼女はたびたびランキング上位にランクインしています。

「上品なお姉さん系美女」の顔立ちをしており、大人の女性ならではのセクシーさが出ています。

 

そんな整った顔立ちの彼女ですが、いざ本番になるとハードなプレイまでさらりとこなすエロさと高い技術を持ち合わせています。

やはり長くAV業界でトップクラスの女優として活躍しているという理由がわかるものとなっています。

「年上系」「大人系」「人妻系」の美女が好きだという人に特におすすめの女優となっています。

 

仲村みう

こちらはもともと「ミスヤングマガジン」に選ばれたことがあるほどの人気のグラビアアイドルをしていた女優です。

2012年にまだ若いままに芸能界を引退してしまったのですが、2017年にMUTEKIからAVデビューをしました。

もともとが人気グラビアアイドルだったということもあって、「美人」という点においては文句なしのレベルとなっています。

また、グラビアアイドルをしていたということで色白の肌は綺麗で、スタイルも抜群となっています。

さらに本番のプレイもエロさが爆発しており、顔、スタイル、プレイのすべてがハイレベルなものとなっています。

彼女のすごさは、発売する作品すべてがヒット作となっているアベレージの高さです。

正統派グラビアアイドル系美女としてトップクラスの女優だと言えます。

 

吉岡蓮美

こちらは2015年にプレステージ専属女優として「吉川蓮」の名前でデビューした女優です。

一度2018年に引退をしたのですが、2019年に無修正作品で復帰しています。

復帰してからは吉岡蓮美の名前で活動をしています。

彼女の顔立ちは日本女性らしいもので「和風美女」と言えるものとなっています。

さらにくびれたウエストにEカップの巨乳ということもあって、総合ポイントの高い女優となっています。

無修正作品ではパイパンの局部もしっかりと見れるものとなっており、中出し作品などにも挑戦しています。

スタイルの良い和風美女を探しているのであれば、彼女は外せない女優だと言えます。

 

 

まとめ

AV女優たちの中にはアイドルやグラビアアイドルをしていたという女優も多くいますし、タレントやアイドル顔負けのルックスをしている女優も数多くいます。

その顔立ちは単純に整っているというだけでなく、「大人系」「妹系」「小悪魔系」などさまざまなものがありますが、近年は「正統派美女」が人気の傾向となっており、三上悠亜や園田みおんが人気なのはそのあらわれなのかもしれません。

AV女優のファン感謝イベントってどんなことをすればいいの?10月25日

AV女優のファン感謝イベントってどんなことをすればいいの?

AV女優の仕事は作品に出演することだけではありません。

実際にファンと出会って仕事をすることもあります。

それが「ファン感謝イベント」です。

これには色々な種類があり、それぞれでできることが違っています。

そこでここではAV女優が行っているファン感謝イベントについて紹介していきたいと思います。

 

トークショーや交流ツアーなど

AV女優と直接会話したり、一緒に旅行にいったりというもっとも交流要素が強いのがオフ会、トークイベント、交流ツアーといったものになります。

トップクラスの女優の場合は、その女優の名前単体で開催する場合もあり、それぞれのイベントによって内容はまったく違ったものとなります。

 

トークショーはある程度知名度が高い女優が1~3人程度で行うことが多くなっています。

チケット制、事前予約制のものが多くなっており、所属しているプロダクションの公式サイトなどでその情報を確認することができます。

交流ツアーでは、日帰りでバーベキューに行ったり、カラオケ大会のようなものが開催される場合もありますし、新型コロナウイルスの感染拡大以前にはAV女優と一緒に旅行するツアーなどが組まれることもありました。

中にはAV女優みずからが企画して開催するという場合もあり、ファンにはたまらないイベントとなっています。

 

また、プロダクションが企画する場合は、そのプロダクションに所属している女優複数が参加する場合もありますし、メーカーが企画するという場合もあります。

こういったイベントはその性質から少人数で開催されることが多いため、参加を希望しても必ず参加できるかどうかはわかりません。

ただ、少人数でのイベントだからこそ、女優との距離は非常に近いものとなっており、憧れの女優と積極的に交流できるものとなっています。

 

開催の告知や申し込みなどは公式サイトで行われますので、こういった告知を見逃さないようにしましょう。

開催されるイベントの中には、少し過激なエロイベントもあります。

こうしたイベントはDVDをある程度購入する、ごく少数で開催されるというように参加条件が厳しい場合があるのですが、参加を希望する場合はぜひ挑戦してみましょう。

 

 

撮影会イベント

こちらはその名前の通りAV女優の撮影会となります。

参加者は事前に申し込みを行い、カメラ持参で参加することができます。

ここで撮影した画像は転用したり、SNSにアップすることは禁止されていますが、自分だけの画像として楽しむことができます

 

撮影会の規模や開催される頻度はAV女優の人気や知名度にもよるため、AV女優のSNSや所属しているプロダクションのサイトなどからチェックしておくと良いでしょう。

基本的にはグループ撮影となるのですが、1対1の形式のものもあります。

 

ここでは「私服」「下着」「水着」などさまざまなパターンがあり、その撮影会がどういったものなのかも事前に確認しておくと良いでしょう。

この撮影会はすでに人気となっているAV女優のものだけでなく、プロダクションがこれから売り出していきたい女優のものもありますので、細かくチェックしておくことをおすすめします。

基本的にはカメラ持参での参加となるのですが、撮影会によってはスマホなどでも参加できる場合があります。

ただ、すべての撮影会でOKということではないので、こちらも事前に確認しておきましょう。

 

 

握手会やサイン会

AV女優の開催するイベントとしてもっとも多いのがこの握手会、サイン会です。

DVDを発表、販売するタイミングで開かれることが多く、ファンが女優に会うイベントとしてはもっともポピュラーなものとなります。

作品の主演となっている女優一人で行う場合もありますし、複数の女優で開催するということもあります。

 

場所は東京であればDVD販売店、秋葉原などが多く、ある程度の期間を作って全国の主要都市を回っていくというパターンもあります。

DVD販売店などで開催されているので、ライトなファンでも参加しやすく、その時の状況によってはAV女優と会話する時間があったり、ツーショット写真を撮ることができる場合もあります。

その女優の知名度などによっても開催される規模が変わってくるので、こちらも女優のSNSやプロダクションのサイトで確認しておきたいところです。

主要都市を回っていくものであれば、近所のDVD販売店などで開催される場合もあるのでチェックしておきましょう。

 

 

ファン感謝イベントに参加するためには

ではこうしたイベントに参加するにはどうすれば良いでしょうか。

 

AV女優のSNS、プロダクションのサイトをチェック

もっとも確実な方法はこちらになります。

自分が気になっている女優がいる場合は、常に公式サイトやSNSをチェックしておくことが重要となります。

開催されるイベントの日時や内容が掲載されることも多いので、しっかり押さえておきましょう。

また、女優が所属しているプロダクションのサイトで告知が行われることもあります。

これも併せて押さえておくと良いでしょう。

SNSなどは事前にフォローしておけば、何か情報が掲載されるとすぐにわかるようになります。

 

・手広くイベントをチェックするには

特にお気に入りの女優がいるわけではないが、開催されているイベントがあるなら行きたい、近所で開催されているなら行ってみたいという場合などは関連するイベントがまとめて掲載されているサイトなどからチェックしていくと良いでしょう。

 

AV女優関連イベントサイトの「イベルト」であれば、「日時別」「地域別」から検索することができるようになっており、条件に当てはまるイベントがまとめて表示されるようになっています。

気になるイベントがあれば、クリックすれば詳細情報を見ることができます。

イベルト:https://www.av-event.jp/

 

・参加方法は

サイン会や握手会などは行けばいきなりサインしてもらえるというわけではありません。

サイトに登録する必要があったり、事前予約が必要な場合もあります。

DVD販売店で行われるイベントで多いケースとしては、

「対象DVD1枚購入するとサインがもらえる」

「対象DVDを2枚購入するとツーショット写真が撮れる」

「対象DVD3枚以上購入すると撮影時間が追加される」

といった形式です。

特に予約などは必要ありませんが、その販売店で対象となっているDVDやグッズなどを購入することでサインやツーショット写真がもらえるというものです。

 

撮影会やオフ会、交流ツアーなどに関しては事前予約が必要となります。

公式サイトなどから予約を行い、参加するようにしましょう。

 

 

AV女優イベント参加の際の注意点とは

それぞれのイベントごとにルールやマナーが決まっているので、それに従っておけば問題ありません。

詳しくないという場合でも基本的に常識的な行動をとっておけば大きな問題はありません。

たいていのイベントは注意事項が掲載されているのでそういったものを事前に確認しておくと確実です。

 

ただ、どういったイベントでも共通しているのは「AV女優に触ってはいけない」ということです。

目の前に憧れの女優がいると触れたくなるのはわかりますが、基本的に触れてはいけません。

許可された握手会イベントの際に握手だけすることは可能ですが、それ以外にはNGだと思っておきましょう。

 

撮影会やツーショット写真を撮る際にはカメラが必要となります。

中にはスマホなどでも撮影ができるイベントもありますが、イベントによってはスマホでの撮影が禁止の場合があります。

そのため、カメラを用意しておくと確実だと言えます。

 

 

まとめ

ファン感謝イベントには撮影会、サイン会、握手会、オフ会、交流ツアー、トークイベントなど、さまざまな種類が用意されています

ここでは女優のトークイベントを聞くことができたり、自分だけの写真を撮影したり、サインをもらったり、直接会話するということができます。

気に入っている女優がいたらぜひ一度これらのイベント

新人AV女優は知っておきたいAV新法の内容とは?10月25日

新人AV女優は知っておきたいAV新法の内容とは?

ネットニュースなどで見ることが多い「AV新法」ですが、その内容についてはわかりにくい部分もあって知られていないということもあります。

また、AV業界にもいろいろな影響を与えているということもあってAV業界で働く女優はやはり内容を知っておいたほうが良いということになります。

そこでここでは新人AV女優が知っておきたいAV新法の内容について紹介していきたいと思います。

 

昔からあったトラブルが関係している

なぜこういったAV新法と呼ばれる法律が作られたかということにはいくつか理由があるのですが、そのうちの1つに「契約関係のトラブルが存在していた」ということがあります。

最近では急激に減ってきていますが、昔は無理やりに女性をAV作品に出演させる、望んでいないプレイをさせるということがあり、それがトラブルとなっていました。

そういったトラブルでは契約書自体があいまいなものであったり、女性の年齢確認も厳密ではなかったため実際には18歳未満の女性が作品に出演していたりすることもありました。

こうしたことが原因でトラブルも起きており、それがAV業界のイメージを悪くさせていたということがあります。

 

しかし近年、AV業界のクリーン化が急激に進められており、契約書をしっかりと交わす、年齢確認を厳密に行うといったことが明確化されてきています。

もちろん業界内の団体もそれに協力することでクリーン化を進めていました。

さらにそういった規制を法令化するということもあってAV新法が作られたという経緯があります。

 

成人年齢の引き下げが大きなきっかけである

以前からAV業界では契約の内容などについてトラブルが起きるということはありました。

しかしそれらは業界内のクリーン化、コンプライアンス遵守などの動きによって減少してきているという経緯がありました。

それでもAV新法を作らなければならなくなったきっかけが「成人年齢の18歳への引き下げ」です。

ここからAV業界への規則などについて改めて注目されることとなったのです。

 

ここで注意しないといけないのはこの年齢に関してです。

実は成人年齢が「20歳」から「18歳」に引き下げられたとしてもAVデビューできる年齢については何も変わっていません。

20歳が成人年齢だった時から、AV女優になるための条件は基本的に1つです。

18歳以上で高校生ではないこと

ということです。

これは18歳が成人になる以前も以降も変わっていない原則です。

つまり今までも18歳の女性はAV女優になることができていたのです。

 

近年、AVの作品はさまざまなジャンルに分かれています。

ギャル、巨乳、人妻、熟女、素人など色々なジャンルに細かく分かれていることで、幅広い趣味嗜好に対応しているのです。

それらのジャンルの中には「女子高生」もの「妹系」「ロリ系」いった、一見18歳未満のように女性が振る舞っているジャンルがありますが、そういった作品に出演している女優ももちろん18歳以上の女性であり、現役の女子高生ではありません。

単純に若く見える、幼い顔立ちをしている、制服が似合っているといった女優を使うことで、それらしく見せているというだけです。

そのため作品には「女子校生」というあいまいな表現を使ったりしていることもあります。

 

現在は「風営法」や「青少年保護条例」などの法規則によって、AVや風俗などで働く女性の年齢制限が厳しくなっています。

こうした制度がしっかりと確立され、普及してくる以前では、本物の女子高生などをAVに出演させていたこともあったようですが、現在そういった年齢違反が判明した場合には作成に関係したメーカーや制作会社、プロダクションは行政処分を受けて、重い罰則が課せられるため、年齢は面接時などにも最優先で順守される項目となっています。

 

そのため、プロダクションで行われる面接などでは、顔写真付きの身分証などを女性に提示させることで、しっかりとした年齢確認が行われます。

プロダクションによっては20歳を超えていないと所属できないというところもあるほどです。

 

こういった年齢制限はAV女優や風俗嬢などではもはや常識となっており、その地域の条例によっては風俗嬢は20歳以上と定められている場合もあります。

現役の高校生が働けないというのは社会通念上禁止とされているもので、通っている学校の校則に引っかかる、停学や退学につながるということが懸念されるためだとされています。

 

また、身分証の詐称などは行うことはできません。

他人の身分証などを提示して年齢詐称を行うものに対しては悪質と判断されると本人も罰則を受ける場合があります。

もしこういった身分確認を適当に行って18歳未満や現役の高校生を働かせるプロダクションや風俗店があると非常に危険なところだと言えます。

 

AV業界ではこの「18歳」というのがラインになっているため、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられても大きな変化はありません。

しかし、こうして20224月から成人年齢が18歳に引き下げられたことを受けて、18歳、19歳の女性が不利な条件によってAVへの出演契約を結ぶ危険性があると考えられて議論が沸き起こったのです。

 

 

知っておきたいAV新法の内容とは

20226月のAV新法の内容の主旨は以下のようなものです。

・出演者に対して性行為を強制してはならない(第3条)

・出演者の年齢・性別にかかわらず、映像の公表から1年間(施行当初は2年間)は無条件・違約金など無しで、契約を解除できる。(第13条)

・契約解除の場合、制作・公表者が商品を回収するといった原状回復の義務を負う。(第16条)

 

また事業者に対しては罰則なども定められ、実効性を高める規定も盛り込まれています。

・制作・公表者は、契約時に撮影で求められる性行為の内容などを記した書面を渡したり、出演者が特定される可能性などを説明する義務を負う。(第4-6条)

・虚偽の説明をおこなったり、契約解除を防ぐため脅した場合、事業者は3年以下の懲役または300万円以下の罰金を課せられる他、法人の場合は1億円以下の罰金。(第20-22条)

 

さらに出演者を保護する規定として、

・撮影は、契約書などの提供から1か月経過後におこなわれる。(第7条)

・作品の公表は撮影から4カ月を経ておこなわれ、撮影後には出演者に映像確認をおこなう必要がある。(第9条)

といったものがあります。

 

この法案については、

「画期的な内容になった」

「全年齢を救済できる」

「非常に強力な法案」

「被害者の尊厳や人権を守り、被害の予防や救済を実現するために必要な法律であると評価している」

といった賛成意見や、

AV業者に都合の良いAV新法」

「性搾取を正当化する新法」

といった反対意見が出ています。

 

 

3.AV新法によってこれからデビューする女優が注意するべきこと

賛否両論なAV新法ですが、現役女優を含む業界関係者に対して行われたアンケートでは、「収入が50%以上減ったという回答が37%、7.8%は収入が0になった」という結果が出ています。

AV新法で重要なのは、これからデビューするという女優に対してしっかりとAV撮影の内容について説明し、契約をしていくということを重視しているという部分です。

同時にすでに多くの作品に出演しているベテラン女優に対しても何十枚にもわたる契約書を交わさなければならないこととなっていることが大きな弊害となっています。

撮影に関係しているスタッフ全員が契約書を書き、欠員が出た場合は撮影が延期になるという状態が起こってしまっているのです。

さらに「撮影まで1ヶ月」「公表まで4ヶ月」という期間が決まっているため、実際に出演契約をしても作品が公表されるまでは半年近くかかるということになります。

やはりAVメーカーとしても、契約に時間がかかる、公表まで4ヶ月かかる、一年以内に女優が無条件で契約解除を求めた場合は販売できなくなるといったことを嫌って新人を使うのではなく、すでに実績のあるベテランを使うという方が安心と考える場合があります。

つまりこれからデビューするという女優はこういったAV新法の内容と、現在のAV業界の状態を把握した上で行動していく必要があるのです。

 

 

まとめ

2022年になって成人年齢が20歳から18歳へと引き下げられたことはAV業界にも影響を与えました

その中で2022615日に成立した「AV新法」は業界やそこで働く女優たちにも大きな影響を与えています

新人女優などは特にこういった法案の内容などをしっかりと知った上で、業界知識をつけていくことが必要なのです。

 

 

AV女優が健康維持のためにやってること

 

AV女優はなんといっても体が資本です。

そのため、トップクラスの女優たちはエステなどで美容に気をつけると同時に健康維持にも気を使っています。

ではAV女優の健康面は実際どうなっているのでしょうか。

ここではAV女優の健康面と健康維持のために行われていることについて紹介していきたいと思います。

 

性病などは実際にはほぼない

AV業界にあまり詳しくない人は「AV女優は性病は大丈夫なのか」と考えることがあります。

しかし実際にはAV業界では性病はほとんどありません。

 

AVの作品に出演する女優は性病検査を受けることが決められており、それを受けて問題ないと判断されなければ出演することができないのです。

一般の女性がそこまで頻繁に性病検査を受けてはいないということを考えると、はるかに安全と言えるのかもしれません。

 

また、撮影に参加する男優も同様です。

男優も定期的に性病検査を受けており、プロ意識を持って作品に参加しています。

もし男優が原因で業界に性病が広がるようなことがあれば仕事を続けていくことができなくなってしまいます。

 

AV作品の中には「素人もの」「ナンパもの」などがありますが、そうした作品に出演しているのは本物の素人ではありません。

素人のふりをしている企画女優となっていますので、もちろんそうした女優も検査を受けています。

そういった理由によってAV業界には性病はほとんど存在していないのです。

 

 

精神病などの女優もほとんどいない

AV女優が精神病、心を病んでいるというのも言われることがありますが、これも昔の話です。

数十年前は借金などを理由に無理やりAVの仕事をしている女優がおり、精神を病んだり、リストカットをするということがありました。

 

しかしAV業界はクリーン化が進み、今ではAV女優は人気の職業となっています。

地上波のテレビ番組やアプリのゲームなどに出演することも多く、明るいイメージとなってきているのです。

そうした中では精神病を持っている女優は減少していったのです。

トップクラスの女優の中にはまず存在していないと言えます。

 

また、近年ではプロダクションのマネージャーの仕事として所属している女優のメンタルケアも含まれており、精神的に支えるということが行われていることもその理由の一つだと言えるでしょう。

 

 

注意しないといけないのは依存症

性病や精神疾患などは急激に減少しているAV業界ですが、注意しなければならないものがあります。

それが「依存症」です。

 

たとえば「買い物依存症」があります。

AV女優としてある程度知名度と人気が上がってくると、一般のOLなどの仕事をしているよりも高額な収入を得ることになります。

そうなったときに仕事のストレスなどを解消するために買い物をしてしまうということがあるのです。

ある程度収入を得ているために、高額な買い物もできてしまうという状況がそれをさらに進めてしまうことにつながっています。

ただ、こうした浪費癖や買い物依存症の女優は近年減ってきていると言われています。

高額な収入があっても堅実に貯金などをする女優が増えてきていると言われている傾向があるのです。

 

他の依存症としては「整形、美容依存症」があります。

AV女優が美容に力を入れるのは悪いことではないのですが、整形などをし始めると次々としていきたくなり、歯止めがきかなくなるということがあります。

周囲がもう整形などはする必要がないと感じていても、自分の中では必要性を感じてしまい、どこまでも整形をしてしまうということがあります。

 

 

健康維持に必要なこと

AV女優の中でもトップクラスの女優は体力面、精神面ともに健康であることを維持するためにさまざまな努力をしています。

もちろんスタイル維持などの美容面もそうですが、やはり健康面が仕事をしていく上でもっとも重要となるためです。

 

過労からくる免疫不全に注意する

人気女優、特に企画単体女優などは多忙なスケジュールで撮影が行われています。

月に10本以上の作品に出演することも多く、体力面でかなり厳しい状況となりやすいのです。

撮影だけでなく、撮影会、握手会、サイン会などのイベントもありますし、テレビやネット番組の出演、グラビア撮影なども入ってくると休みがほとんどなくなります。

 

また、撮影が毎日のようにある人気女優は「免疫」が低下することも注意が必要です。

撮影時には1つの絡みがあると、そのたびにシャワーを浴びることとなります。

体の表面には常在菌と呼ばれる体調を安定させる菌があるのですが、1日に何度もシャワーを浴びることでこうした常在菌が存在できなくなっていくのです。

そのため免疫力が低下していくこととなり、忙しさからくる過労と合わさって体調不良につながってしまうのです。

 

トップクラスの企画単体女優などはたびたび体調不良に悩まされることが多く、数ヶ月~半年ほど休業するということも珍しくありません。

特に忙しい、AVの撮影が多いという女優はこうした免疫力の低下に注意しているのです。

 

暴飲暴食を避ける

プロ意識が高い女優は当然のことのように暴飲暴食を避けています。

これはスタイル維持や美容のためでもあるのですが、健康面の管理、体調管理などのためでもあります。

また、過度のアルコール摂取は仕事に影響することもあります。

AV女優は心身ともにストレスを感じることが多く、その解消のためにアルコールを摂取しすぎてしまうということがあります。

 

アルコールを摂取しすぎる状態が続くとアルコール依存症につながることもあります。

アルコール依存症となっている女優は肌がガサガサになりやすく、顔色も不健康なものになります。

もちろん体型も崩れていきますし、二日酔いの状態が続いているとセックスにも集中できません。

こうなってくるとAV女優として良い仕事ができるわけもありませんし、人気も落ちていくこととなります。

プロダクションやメーカー、制作会社などからの評判も悪くなっていってしまうでしょう。

ストレスの解消などからアルコールを飲みたいという時もあるかもしれませんが、飲み過ぎたり、それが依存症になってしまうほどは飲むのは避けるのが賢明だと言えます。

 

体力の維持につとめる

AV女優の仕事をしていく上で体力は必要不可欠な要素となります。

そのため、トップクラスの女優たちは体力の維持につとめています。

トレーニングジムに通っている女優が多いのはそのためです。

筋力を鍛えることでスタイルを維持するという意味合いもありますが、ランニングマシンで走り込みを行ったり、プールで泳いだりするのは体力面を鍛えるという意味合いもあります。

こうして普段から体力面を鍛えておくことで代謝を上げていき、免疫力の強化も行っているのです。

 

AV女優たちが引き締まった身体をしているのも、撮影やイベントなどが連続していてもバテることなく仕事をするのを続けていくことができるのもこうして普段から体力面を鍛えているということが関係しているのです。

 

 

まとめ

AV女優という仕事は精神面でも体力面でも「健康」であることが求められます。

ストレスを感じやすい仕事でもあり、多忙にもなりやすい仕事でもあるからこそ、健康でなければいけないのです。

そのためには普段から体力面を鍛える、免疫力の向上につとめる、暴飲暴食を避けるといったことをしていくことが必要となります。

健康を維持して仕事をしていくことを心掛けていきましょう。

閉じる

Wish Promotion

ここから先は「AV女優の求人情報紹介」のページになります。
上記を理解した上で、自らの意思に基づき、サイトを閲覧するものとします。